読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンデレラガールズ4thLIVESSA公演大坪さん&かな子ちゃんお花企画について

 シンデレラガールズ4thLIVE TriCastle Story SSA公演お疲れ様でした!今回本公演にて大坪由佳さんと三村かな子ちゃんのご出演をお祝いし、たくさんの大きな想いを届けたいと思い、お花企画を主催し、フラワースタンドプリザーブドフラワーを有志一同より贈らせていただきました!(本企画のツイプラはこちらです→http://twipla.jp/events/202230)

 また今回贈らせていただいたお花には、本当にたくさんの想いを込めたため、ツイプラには少し書きましたが、その想いの全てをここに書いていこうと思います。お付き合いいただければ幸いです。

 

◎はじめに

f:id:mossanmaster:20161020192714p:plain

 

  今回のフラワースタンドは「2人が登ってきた、登っていく階段」を大きなテーマとし、「2人がこの先もずっと幸せでありますように」という想いをメインに込めました。まず階段ですが、これはデレステの[パステルピンクな恋]特訓前親愛MAXのセリフの「トップアイドルへの階段」という言葉から着想を得ました。ここからかな子と大坪さんが出会ってから今まで歩んできた道のりを階段に例え、フラスタの上段、連名ボード、下段を3つの「階段」のモチーフで統一しました。またメインに込めた想いは、大好きなかな子と大坪さんがこれからもずっと幸せに歩んでいって欲しいという単純でシンプルな願いからです。この想いの他にもあれこれ考えているうちにたくさんの2人への込めたい想いも出てきたためそれらについても後程書かせていただこうと思います。

 また今回はこのフラスタを見た人がひと目見て綺麗だと思うような、「お花を魅せる」ことにもかなりこだわったので、それに関しても交えつつ書いていこうと思います。

 

 

◎下段のお花について

f:id:mossanmaster:20161020001235p:plain

 

  今回のフラスタのモチーフである3つの「階段」のうち、まず下段のお花では「2人が今まで登ってきた階段」を表しました。メインに濃い&薄いピンクのバラを使用し、交互に重ねていくことでグラデーションにより階段を表現しました。また2人がこれまで登って来た階段であるため、バラの他にはかな子のパーソナルな部分を表す花言葉を持つお花を盛り込みました。今回盛り込んだ花言葉は自分の中でかな子を表現する言葉をいくつか挙げ、その中で見た目がかわいく、この時期に使うことのできるお花を選びました。それらに関して以下に紹介します。

 

f:id:mossanmaster:20161020001056p:plain

 

ピンクのカーネーション

 花言葉は「感謝」。[ふわふわスマイル]の特技「ありがとうの魔法」に代表されるように、かな子を語る上で欠かせないのがPや仲間、ファンのみんなへの感謝の気持ちです。彼女の「甘い魔法でみんなを幸せにしたい」という想いは、自分を支えてくれるPや仲間、応援してくれるファンへの感謝の気持ちが根本にあるものだと思っています。これに関してはデレステのSR[ふわふわスマイル]の特訓エピソードでも語られているので可能な方はぜひ見てみて下さい。

 

・白のアスター

 アスターの中でも「白」の花言葉は「信じる心」。「自信」の花言葉のお花を探していたのですが、なかなか今の時期に使えるお花がなかったので、似た意味のこちらのお花を使用しました。見た目もとてもかわいいですね。はじめは「何の取り柄もない」と言っていた彼女が、自分を信じてくれたPを信じ、そして何より自分を信じて歩いてゆく姿が、彼女の物語の大きな魅力だと思っています。Pを、自分を信じ、そしてみんなに甘い夢を見せたいと願い、パートナーとなったPとこれからも歩んでいく、といった姿が描かれたモバマスの[ワンダフルマジック]の想い出エピソード後編は私が本当に大好きなかな子の物語の一つです。

 

・マトリカリア

 花言葉は「楽しむ」。こちらも小さくてかわいいお花ですね。こちらは前回も用いましたが、18話で不安を乗り越えた後の「楽しめなきゃ、笑顔になれないよね」、22話で不安そうなクローネのメンバーにかけた「楽しんでいこう!」、そして最終回ラストシーンの「どんな仕事も楽しんでやろうって決めたから、どんなに不安でも」といったセリフからアニメでのかな子の成長のキーワードだと思っています。大坪さんもかな子のこの「どんなときでも楽しむ」というスタンスには大きな影響を受けたと2015年12月に発売されたシンデレラガールズ特集のリスアニ!のインタビューでも語っているので良かったらご覧ください。そして今回の企画のツイプラのページの一番上にも書いた、26話冒頭のホワイトボードに書かれた「どんな時でも 楽しむ事を 忘れずに♪ この場所で学んだ HAPPYの魔法です!」のフレーズは、おそらく大坪さんの字で書かれているのですが、これはまさにかな子と大坪さん2人が一緒に書いたメッセージだと思っています。

 

アイビー

 こちらはツタと葉です。今までたくさんのフラスタを見てきましたが、お花の他に葉などで緑成分を入れるとものすごく引き立つと思い採用しました。アイビーに込めた花言葉は「友情」そして「信頼」。

 まず「友情」ですが、これはPとの絆や仲間との友情を表現しました。Pとの絆はもちろん、今まで本当に多彩なユニットを組み、ドラマパートなどでは積極的にトークを回したり気遣ったりするかな子のコミュ力や誰とでも仲良くなれるところは彼女の大きな魅力の一つだと思っています。その最たるものとしてデレステのショコラ・ティアラコミュでは、スイーツパーティを一緒に開いて仲良くなり、いろんな子の笑顔からその子のいいところを学び、自分がより輝くための参考にするといった姿が描かれているので、見ていただけるとうれしいです。

 また「信頼」ですが、こちらはPとの信頼関係を表しました。かな子の物語では「アイドルとしての成長」と「Pとの絆」が主に描かれていると思っているのですが、その後者において、Pとの信頼関係を築く過程がモバマスの初回のアイプロや[メルティスイート]を始めとし、今まで様々なところで描かれました。アイドルとしての成長だけでなく、このPとの信頼を築く過程もかな子の物語の大きな魅力だと思っています。

 

 以上がかな子のパーソナルな部分を表すために用いたお花です。アイビーのような葉が主な植物にも花言葉があると知った時には少し驚きました。この他にも「魔法」などまだ盛り込みたい要素もあったのですが、時期や種類などの制約上盛り込むことができないお花もありました。それでもかなりかな子のパーソナルな部分を表現でき、かな子と彼女を演じる大坪さんがこれまで登って来た階段を表現できたと思います。

 また階段自体を表現したピンクのバラですが、濃いピンクの方には「感謝」の花言葉があるため、今までの歩みに対するありがとうの気持ちも込めました。

 さらにこれは裏話なのですが、かな子の魅力として幅広い交友関係があるので、上記に加え今で組んだユニットの様々なアイドルを表す花言葉のお花も盛り込もうとしました。一方、それでは造花をかなり使用してしまうため、季節がちぐはぐのお花が多くなり、お花本来の綺麗さを魅せるといった今回のコンセプトと矛盾してしまうとお花屋さんからアドバイスをいただいたため、今回は断念しました。それでもこの案も個人的にかなり気に入っているので、いつか盛り込みたいと思っています。

 

 

◎連名ボードについて

f:id:mossanmaster:20161020001441j:plain

 

 今回のフラワースタンドの3つの階段のうち2つ目を連名ボードにて「私たちもいっしょに2人と登ってきた階段」として表現しました。

 こちらのボードは前回に引き続きアッキさんに、本当に素敵に豪華にデザインしていただきました。全体的にシンデレラ感のある、幻想的な雰囲気でお願いさせていただきました。また階段の上にはこの企画に携わってくださった有志一同全員のお名前を掲載させていただき、その両横にこれまで大坪さんとかな子が2人で立ったステージの会場の写真を配置しました。かな子と大坪さん、2人の歩みとして欠かせないものがこれまでたくさん2人で立ってきたステージです。今回のテーマが2人の歩みだったので、なんとかその要素を入れられないかと思い、このような形を思い付きました。それぞれの会場とイベントは以下のようになっており、一番左下→右下→2段目の左→右…の順となっています。

 

・2012/12/28 ローソンイベント 新宿BLAZE

・2013/2/10 「ワンフェス2013冬」内ワンホビデレラジステージ 幕張メッセ

・2013/4/10 お願い!シンデレラ発売記念イベント 噴水広場

・2013/11/28 シンデレラガールズ2周年記念イベント 新宿ステーションスクエア

・2014/4/5,6 1stLIVE WONDERFUL M@GIC!! 舞浜アンフィシアター

・2015/2/22 Star!!発売記念イベント 横浜ベイホール

・2015/4/11 ANIMATION PROJECT 04&05(CI&凸)発売記念イベント サイエンスホール

・2015/8/23 SUMMER FESTIV@L 2015 大阪 グランキューブ大坂

・2015/8/29 アニサマ2015 2日目 さいたまスーパーアリーナ

・2015/9/13 Shine!!発売記念イベント 赤坂BLITZ

・2015/11/28,29 3rdLIVE シンデレラの舞踏会 - Power of Smile – 幕張メッセ

・2016/8/26 アニサマ2016 1日目 さいたまスーパーアリーナ

・2016/9/3,4 4thLIVE TriCastle Story 神戸公演 神戸ワールド記念ホール

 

 今まで様々な媒体でかな子をプロデュースしたり、これらのイベントへの参加や映像を見たりし、2人を応援してきたことで、私たちも2人といっしょにこの階段を登ってきました。また一番上の段の右側には「To be continued…」と記載し、この先も2人のステージは続いていく、という想いを込めました。 

 

 

◎上段のお花について

f:id:mossanmaster:20161020001642p:plain

 

 最後の3つ目の階段は「2人がこれから登っていく階段」を表現しました。土台として4段の階段を作成していただき、そこに最高に幸せな笑顔のかな子と大坪さんが手を繋ぎ、次の一段に足を掛け、登ろうとしているイラストを配置し、その周りを、「幸福」や「希望」などの花言葉のお花たちで包み込むことで、「2人がこれから登る階段のその先も、幸せに満ち溢れていますように」という想いを込めました。イラストに関しては後程紹介させていただこうと思います。

 またイラストの周りを包み込んでいるお花は個人的にかな子のイメージであるピンクと白を基調としました。ここに盛り込んだお花たちを以下に紹介します。

 

f:id:mossanmaster:20161020003224p:plain

f:id:mossanmaster:20161020003207p:plain

 

濃い&薄いピンクのバラ

 バラの中でも「ピンク」のバラの花言葉は「幸福」。ピンクのバラは最初にお花企画を主催したサマフェス大坂の楽屋花のときからずっと盛り込んでいます。また「濃いピンク」のバラになると「感謝」の意味合いも出てくるため、ここでも2人への「いつもありがとう」の想いを込めました。

 

・カスミ草

 花言葉はいろいろとありますが「幸福」の意味を込めました。白くて小さく、アレンジ全体をグッと引き立てるかわいいお花です。

 

・白のトルコキキョウ

 花言葉は「希望」。トルコキキョウ全体の花言葉が希望なので、今回は全体とのバランスを考え白を選びました。幾重にも重なるふりふりの花びらがとてもかわいく綺麗なお花です。

 

ピンク黄色のガーベラ

 ガーベラ全般の花言葉は「希望」。こちらのピンクのガーベラも最初の企画からずっと盛り込んできましたが、今回は黄色のガーベラも「笑顔」の意味を込め盛り込みました。これは私がかな子と大坪さんの最高に幸せそうな笑顔が大好きであり、ずっと2人に笑顔でいて欲しいという想いを込めたいと思ったためです。本当は花言葉が「笑顔」のお花を探していたのですが、なかなか見つからず、それなら笑顔を象徴する色である黄色のお花を使おうということになりました。ガーベラなのは単純に私が好きなお花だからです。

 

・白のバラ

 バラの中でも「白」の花言葉は「深い尊敬」。かな子の自分らしく前に進む心や、どんなときでも楽しむというスタンス、また大坪さんのシンデレラガールズはもちろん、それ以外でも様々なところで垣間見える、お芝居やステージ、トークなどお仕事へのこだわり、そして2人に共通する周りの人への細かな気遣い。これらたくさんの2人の素敵な一面に敬意を表し、この花言葉を贈らせていただきました。

 

ピンクのアスター

 「ピンク」のアスターの花言葉は「甘い夢」。まさにかな子にぴったりの花言葉ですね。見つけたときには絶対に使いたいと思いました。[ワンダフルマジック]で初めて登場し、その後もたくさんかな子のセリフの中で登場するこの言葉。これからも2人がたくさんの甘い夢を見て、それを叶え先へ進んでいって欲しい、そして私たちにもたくさんの甘い夢を見せて欲しいという想いを込めました。

 

ピンクのコチョウラン

 かな子の誕生花(1月6日)でもあり、花言葉は「幸せが飛んでくる」。今回のコンセプトにもぴったりであり、「お花の女王」とも呼ばれているこのお花をワンポイントとして盛り込むことでも、その存在感からかなり華やかさがプラスされたかと思います。

 

ピンクのアルストロメリア

 大坪さんの誕生花(6月11日)でもあり、込めた花言葉は「幸福な日々」、「持続」。まさに「Happy✕2 Days」がこの先もずっと、ずっと、ずっと続いて欲しいという想いを込めました。また上記のコチョウランと合わせ、誕生花という2人固有の要素を盛り込むことで、「2人に贈るお花」といった意味合いを強調しました。

 

 以上が今回上段に盛り込んだお花です。このようにたくさんの「幸せ」、「希望」やその他の様々な想いをお花に込め、2人のこの先に想いを託しました。

 また今回も想いを込める以外にも、フラスタ全体の見た目にもかなり重点を置き、パッと見でかな子と大坪さん宛のお花だとわかり、そして思わず綺麗だと思っていただけるよう、色使いやアレンジ全体のボリューム、美しさにもこだわり、お花屋さんに本当に素敵にアレンジしていただきました。前述した通りピンクと白を基調とすることでかな子らしさや彼女のかわいさ、優しさを表現しましたが、その中に入れた「笑顔」の黄色もかなり良いアクセントになったのではないかと思います。またこうして完成した姿を見ると、たくさんのお花達が2人のこの先を祝福しているようで、アクセントの黄色も未来を照らす光のように感じました。

 

f:id:mossanmaster:20161020003349j:plain

 

 また土台の階段の横をピンクのバラとガーベラ、アイビーで装飾し、「幸せと希望へ続く階段」といった意味を持たせました。ここで裏話なのですが、元々はこの階段の土台はお花を用いて形作る予定でした。ここにピンクのバラも盛り込んで「幸せへ続く階段」といった意味を持たせようと考えていたのですが、ボードの後ろのお花が隠れてしまってもったいないということと、無理にお花で形作らなくとも同じ意味を持たせられることからこのような形に落着きました。結果的により階段らしく、そしてお花本来の綺麗さをここでも魅せることができたと思います。

 

f:id:mossanmaster:20161020003647p:plain

 

 また階段には2人へ贈るレインボーローズのブーケを1つずつ配置しました。「」はモバマスの[クリーミィトライフル]の「キャンディーみたいな虹ですね♪」や、デレステの[ホワイトウィッチ]の「スイーツの虹、かかってー!」などかな子のセリフにも登場し、また大坪さんの好きな色でもあり、2人にかなり縁のある色だと思います。そしてレインボーローズの花言葉は「無限の可能性」。かな子のアイドルの物語、大坪さんの役者としての表現力、そして2人のステージではこれまで本当にたくさんの可能性を見ることができました。そして、ショコラ・ティアラの「虹のショコラ 集めながら これからも 歩いてく」の歌詞のように、無限に存在するかな子のアイドルとして、大坪さんの役者としての「可能性」を集めながら、これからもいっしょに階段を、そしてそれぞれの階段も登っていけますように、という想いをこのブーケに込めました。

 またレインボーローズと一口に言ってもその色味には様々あり、中にはパステル系の虹色もあったりしたのですが、遠くから見ても綺麗なように色彩のはっきりしたものを選びました。またレインボーローズとともにカスミ草、ピンクの千日紅もブーケに盛り込みました。カスミ草はこういったブーケのアクセントにもよく使われるお花でもあります。カスミ草には「幸福」、ピンクの千日紅には「変わらぬ友情」の花言葉を込め、ここにも2人がこれからもずっといっしょに幸せでありますように、という想いを込めました。またそれぞれのブーケのラッピングの色も、イラストで2人が着ている衣装の色にそれぞれ合わせ、かな子側をピンク、大坪さん側を水色にしていただきました。

 

 

◎イラストについて

f:id:mossanmaster:20161020003801j:plain

 

 今回のイラストは水野早桜さんにかな子と大坪さんを本当に素敵にかわいく描いていただきました。水野さんのイラストには3年前に出会い、そのときから水野さんの描くかな子の最高の笑顔が本当に大好きでした。そして今回のイラストでは2人が本当に幸せそうな表情で階段を登っているところを描いて欲しいと思っていたため、それならば水野さんしかいない!と思い依頼させていただきました。

 まず2人のポーズですが、前述の通り階段を登りながらこちらを振り向いており、奥側の手はずっと一緒に手を取り合って階段を登って欲しいという願いから繋いでいただき、手前側の手の上には2人の輝きの象徴である星を描いていただきました。この星は「Star!!」の歌詞の「一人に一コずつ抱えたこの煌めき」をモチーフにしています。

 また2人の衣装ですが、かな子が[ホワイトウィッチ]大坪さんが[メルティスイート]となっております。ホワイトウィッチの衣装は「白い魔女」をイメージしたものであり、魔法使いとして「甘い魔法」をかける最たる存在だと思い、かな子の衣装として選びました。また大坪さんのメルティスイートは、ゲーム内のこのカードの特技が「甘い魔法」であり、こちらも甘い魔法をかける存在としてはぴったりだと思い選びました。2人がこれまで階段を登ってきたことで、甘い魔法をかける存在となった「」を表したいと思い、2人の衣装はこのような形となりました。両方共構造がかなり細かい衣装なのですが、本当に細部までこだわりを感じ、最高のクオリティに仕上げてくださり本当にありがとうございました…!またライブ当日、ステージに登場した大坪さんがまさか今回イラスト内で採用したメルティスイートをモチーフの一部として使った衣装を着ているとは思わず、それに気づいたときには嗚咽が止まらなくなりました。結果的にこれ以上ない最高のチョイスになったと思っています。また大坪さんの髪型はかな子とステージに立つ時にだいたいしているまとめた感じの髪型にしていただき、2人の身長差も再現していただきました。

 また2人の表情ですが、「2人が幸せを分かち合っているような柔らかい最高の笑顔で笑いあっている感じ」と水野さんにお願いさせていただきました。これはコンプリートアニメファンブックのインタビューにて大坪さんが「かな子に一声かけるならなんと伝えたいですか?」という質問に対し「「今、幸せだね!」とかな子と一緒に共感したい気持ちが大きいです。」と答えていたので、その願いをイラストの中で叶えたいと思いました。このお願いに対し、かな子は私が前から大好きだった水野さんの描く最高の笑顔、そして大坪さんも本当に柔らかく最高の笑顔で描いてくださいました。また自分の中でかな子と大坪さんの関係は姉妹のようだと前から思っていたので、にっこり笑ってるかな子に対し、本当に柔らかく微笑んでいる大坪さんがまさにそれで、お願いさせていただいたことを更に上回る、至高の表情を描いていただき本当に感無量で、ラフを見た時点で泣き、完成形を見たときも本当に号泣してしまいました。本当に、最高のイラストをありがとうございました!!

 

 また「祝ご出演~」やお二人のお名前のデザインも連名ボードと同様アッキさんにお願いさせていただきました。「祝ご出演~」はこちらもライブのロゴのようなシンデレラ感に加え、サマフェス大坂やShine!!リリイベで着ていたマイファーストスター、3rdLIVEや今年のアニサマで着ていたクリスタルナイトパーティの衣装のときにつけていたティアラをモチーフに作成していただきました。SSA公演でもクリパ、そしてアクロスザスターの衣装のときに同様のティアラをつけていましたね。全員形の違うこのアイドル固有のティアラは、かな子と大坪さん2人だけの輝きの象徴だと思っています。

 またお名前はそれぞれの衣装で登場したクルクルワンドステッキをモチーフに作成していただきました。それぞれのステッキから魔法のようにお名前が出てきているイメージで、とてもかわいく仕上げていただきました。連名ボードとともに、本当に豪華で素敵な最高のデザインをありがとうございました!!

 

 

◎チュールについて

 今回階段の横とフラスタの足の部分にはチュールを施しました。こちらは某布屋さんに行きたくさんあるチュールの中で30分くらい悩んで選んだものなので簡単に紹介したいと思います。

 

f:id:mossanmaster:20161020003954j:plain

 

 まず階段の横に使ったチュールですが、ラメ入りのものを使用することでアイドルとしてのきらきらを表現できればいいなと思いました。ラメ入りのものの種類もたくさんあったのですが、あんまりギラギラしているものだと逆に目立ってしまって良くないと思い、いい感じにきらきらしているものを選びました。色は階段が白だったためその逆のピンクにしました。

 

f:id:mossanmaster:20161020004035j:plain

 

 またフラスタの足元のチュールにはピンクドット柄のものを使いました。これでお分かりの方もいると思いますが、かな子の初期衣装である「ピンクドットバルーン」をモチーフとしています。「2人が登ってきた階段」の一番下に、かな子の「原点」である衣装をモチーフとしたこのチュールを配置しました。またSSA公演での大坪さんの個別衣装のもう一つのモチーフが、おそらく「ピンクドットバルーン」なのですが、このフラスタにおける「原点」と「今」を同様の2つの衣装をモチーフに表しており、あの衣装も同じ意味であのような形になったのかどうかかなり気になっています…。

 

 

◎もう一つの想い

 ここまでこのフラスタに込めた想いやこだわりを全て書いてきましたが、もう一つだけ、このフラスタ全体に込めた想いがあります。

 上段に配置した2人へ贈るブーケのレインボーローズはそれぞれ5本となっています。バラは本数によってその花言葉も変わるのですが、5本の花言葉は「あなたに出会えて本当によかった」。

 またこのフラスタ全体で「ピンクのバラ」を実はぴったり99本盛り込んでいただきました。99本のバラの花言葉は「永遠の愛」。

 これら2つの花言葉を組み合わせ、「M@GIC☆」の「ここでめぐり逢えた ずっと大好きなキミに」をこのフラワースタンド全体に込めました。

 かな子をプロデュースし、大坪さんを応援していく中でもらったたくさんの「幸せ」、「笑顔」、「情熱」、そしてなにより今2人を「大好き」な気持ちを、これからもずっとずっとずっと胸に秘めて2人を応援して行きたい、応援していきます、そんな想いを込めました。

 またこのメッセージは、この企画に携わってくださった私たち有志一同ひとりひとりの2人を大好きな想いを集めた、とてもとてもたくさんの大きな想いがあるからこそ贈れるものだと思っています。

 この企画にただご参加いただいただけではなく、参加するためにツイプラのボタンを押すに至った過程に必ず存在する、参加者の方々の2人を大好きな想いをどうにか形にしたいと思いました。

 そして何より私自身、2人のことがずっと大好きです。私たち有志一同からの本当にたくさんのこの大きな想いが、2人に届いていれば本望です。

 

 

プリザーブドフラワーについて

f:id:mossanmaster:20161020004211j:plain

f:id:mossanmaster:20161020004232j:plain

 

 また今回もフラワースタンドに加えプリザーブドフラワーも当日プレゼントボックスへ有志一同より贈らせていただきました。こちらは5本のバラ(レインボー、濃いピンク、白)、カスミ草、ピンクの千日紅、そしてかな子の髪飾りにもっとも良く似たお花だと思っているピンクスターを一輪盛り込みました。このプリザーブドフラワーにはフラスタに込めた想いをギュッと詰め込みました。上述したフラスタ全体に込めたメッセージも、5本のバラとカスミ草の「永遠の愛」を組み合わせることで込めました。その他の花言葉に関しては既に解説しておりますので省略します。今回のフラスタに込めた有志一同からのたくさんの想いを、お手元に置いていただけていればと思っております。

 

◎終わりに

 ここまで長々と書いてしまいましたが読んでいただきありがとうございました!本当に長くなってしました…。

 4thLIVEの出演者が発表された5/18にすぐ企画のツイプラを立て、それからというもの、本当にお花のことを考えなかった日がなかったくらい、ライブまでの約5ヶ月感、ずっとずっと毎日このフラスタのことを考え続けていました。なかったくらいというかありませんでした。今回のメインテーマである「階段」を思いついたのがいつだったかもう忘れてしまったのですが、そこから考えていくうちにどんどんといろいろなアイディアが思い浮かび、思いついた瞬間iPhoneのメモ帳にメモり、それをパワポで資料にまとめ、お花屋さんと合計4回の打ち合わせを経て、このような形となりました。考えていくうちに本当にあれも、これもとなっていき、かなり迷走するときもあったのですが、そうなったときは「2人に喜んでもらうにはどうすればいいか」といった原点の考えに立ち返り、あれもこれもとなるエゴを抑える自分との戦いになったりもしました。その結果、お花屋さんからのアドバイスもあり、かなりアイディアが洗練され、全体としてのまとまりも本当に良くなったと思います。

 また前回の3rdLIVEの際に企画したフラスタ(http://mossanmaster.hatenablog.com/entry/2015/12/02/210501)では「今までの集大成」をテーマに作成したため、あのときできることは全てやりきりました。それでも今回はまず「前回を超える」という考えをバッサリ捨て、自分はどんな想いを伝えたいのか、どんなものを見せたいのかを考えていくうちに、次から次へと想いやアイディアが溢れ、このような形となりました。今でも前回を超えたとは思っていません。SSA公演の最後の挨拶で福原さんが言っていたように、「最高と特別は作っていくもの」であるため、前回のフラスタも最高であり特別で、今回も、新たな最高で特別なフラスタになったと思っています。もちろん、サマフェス大坂、4th神戸公演で主催させていただいた楽屋花も、最高であり特別です。

 また今回は、というか今回もなのですが、想いを込めるだけではなく、上述の通りパッと見た時の印象にもかなりこだわりました。見た目が本当に綺麗だと思うお花を花言葉と共に選んだり、選んだお花を実際にお花屋さんの前を通りがかったときに見たりと、その過程も本当に楽しく、私自身、どんどんとお花の魅力に取り憑かれていきました。また最後の最後でお花屋さんにアレンジ全体のボリュームアップと、お花ひとつひとつのクオリティアップをお願いしたこともあり、見ただけでかな子と大坪さんへのお花だとわかるような、とても美しいフラスタになったと思います。本当に最高のフラスタに仕上げていただき、本当にありがとうございました!当日実際にお花を見ていただけた方や、ツイッターにアップしたお写真を見ていただけた方からもたくさんお花の感想をいただきました。そしてこの企画に参加できてよかった、また機会があれば参加したいといったお言葉もいただくことができ、本当に感無量です。ちなみに私自身も当日このフラスタを見た瞬間あまりの素晴らしさに膝から崩れ落ちました。

 また今回のフラスタに込めたメインの想いである「2人の幸せを願う気持ち」を思いついた後に、上述した大坪さんのインタビューでの言葉や、神戸公演の最後のあいさつで言っていた「幸せを与える側も幸せなんだと思った」といった言葉、3rdLIVEの円盤のオーディオコメンタリーでの「かな子としてステージに立つときは誰よりも自分が幸せという気持ちで立つ」といった言葉を聞き、今回のフラスタに込めるこのメインの想いもどんどんと大きくなっていきました。この想いを始めとした私たち有志一同からのたくさんの大きな想いが2人に届き、喜んでいただければこれ以上の幸せはありません。

 またご参加いただいた101人と大変多くの方々、制作にご協力いただいた水野さん、アッキさん、雪季さん、アンドフラワーさん、本当に皆様のご協力がなければ今回の企画は存在しません。本当に、本当にありがとうございました。

 それでは、ここらへんで筆を置こうと思います。私は本当に、かな子と大坪さんがずっと大好きです。Future Castleで新たな一段を踏み出した、2人の未来をこれからも応援し続けます。今回のお花は、2人のライブへのご出演だけでなく、そんな2人の新たな門出をお祝いするのにも相応しいお花になったと思っています。

 また今後も2人がステージに立つ機会があればこのような企画を立ち上げたいと思いますので、その際にはご協力いただけると幸いです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

 

 2016/10/20

もっさん