もっさんのブログ

シンデレラガールズ6thLIVE ナゴヤドーム公演 大坪さん&かな子ちゃんお花企画について

 シンデレラガールズ6thLIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!! ナゴヤドーム公演お疲れ様でした!今回大坪さん、かな子ちゃんの本公演へのご出演をお祝いし、たくさんの想いをお届けしたいと思い、本企画にて有志一同よりフラワースタンド、楽屋花、プリザーブドフラワーを贈らせていただきました!(企画のツイプラはこちらです→https://twipla.jp/events/325777)

 

 ツイプラの方にはお花の写真と共に簡単な紹介を掲載しましたが、こちらではそこに書ききることのできなかった、今回の企画のお花に込めた想いやこだわりの全てを綴らせていただきました。かなり長くなっておりますので、もしご興味のある方は最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

 

1.はじめに

f:id:mossanmaster:20181209131208j:plain

 

 今回は「憧れを与える存在となった2人が魅せるショコラ・ティアラの新しい甘い夢」をテーマに、2人の最新の魅力を本当にたくさんのお花で表現しました!

 

 かな子ちゃんのデビュー曲である「ショコラ・ティアラ」。この曲は彼女の素敵な女の子への憧れを描いた曲だと個人的に思っています。それと同時に大坪さんとかな子ちゃんの出会いの曲でもあり、これまで2人といっしょにずっと歩んできました。

 そんな道のりの中で、2016年10月に登場したデレステSSR[ドルチェ・クラシカ]ではいつもの親しみやすいアイドルではなく、デパートの地下に売っている高級チョコのように憧れの存在になりたいと願い、ライブに向けて努力し、ステージを大成功させたかな子ちゃん。

 2017年5月に開催された5thLIVE TOUR 石川公演1日目の最後の挨拶にて、「Sweet Witches' Night 〜6人目はだぁれ〜」の初披露を受けて「この中にもしかしたらシンデレラガールズに入る人もいるかもしれない。夢を与える立場の人間になれたんだなあって。」と語った大坪さん。

 これらの出来事からかな子ちゃんの憧れを描いた「ショコラ・ティアラ」が、今度は誰かに憧れを与える曲へと、2人と共に成長したのではないかといつしか思うようになっていました。「だから 今 この気持ち そっと 奏でてみよう」が、「奏でてみよう?」と聞いている誰かに語りかけるように。

 そして今年4月に開催された台湾公演。1stLIVEから4年が経ち、奇しくも日付が連続していたこの公演はあの日見た夢の続きを見ているかのようでした。そんな中2日目に披露された「ショコラ・ティアラ」。夢や憧れを与える存在となった2人が改めて披露したこのステージは今までとはひと味違って見えました。特に1番Bメロの「胸の鍵を開けて」の振りで手を上から下へ降ろす途中、観客に向けた瞬間に、「胸の鍵を開けて?」と語りかけているようなニュアンスに私の目には映り、これまで考えていたショコラ・ティアラの新たな魅力が実感へと変わりました。

 

 このようなエピソードから、この2人の魅せるショコラ・ティアラの新しい甘い夢をボリューム感溢れるたくさんの綺麗なお花で表現し、私たちのたくさんの想いと共に2人へ届けたいといった願いが私の中にあり、今回のナゴヤドーム公演で実現しました。

 このとき2人のこの魅力をお花で表現するためにどうしたら綺麗に魅せられるかを考えた結果、お花の色のグラデーションで魅せるといった構成を思いつきました。そして上から濃い赤濃いピンク薄いピンクと濃い色から薄い色へとグラデーションとなるような4段の構成としました。濃い赤濃いピンクはこの想いに至ったきっかけの1つでもある[ドルチェ・クラシカ]特訓後の衣装の色合いをモチーフにし、お花の見た目と花言葉で夢や憧れを与える存在となった2人のこれまでとはひと味違った魅力を表現しました。

 そして一番下にはこれまで2人に贈らせていただいたお花にもたくさん盛り込んできた薄いピンクのお花を配置することで、このずっと変わらない魅力が2人の最新の魅力を支えている、といった意味合いを込めました。またアニメ24話でかな子ちゃんの言った「ちょっと変われたところと、そのままのところと、どっちも大事にしたいな」のセリフのように、最新の魅力もこれまでの変わらない魅力もどっちも大切で大好き、といった想いも込めました。

 またこれまでのお花はどちらかというと丸いシルエットのお花が多かったため、今回は今まであまり盛り込んだことのなかったスプレー咲きのお花を数種類盛り込むことで全体に動きが出るようにし、ここでもこれまでとひと味違った魅力を表現しました。

 以下に今回のフラワースタンドに盛り込んだお花を一つずつご紹介していきます。

 

 

2.薄いピンクのお花

f:id:mossanmaster:20181209131840p:plain

 

 薄いピンクの段には「幸福」、「感謝」、「無垢で深い愛」といった花言葉のお花をたくさん盛り込み、上述のように今の2人の最新の魅力を支えるずっと変わらない魅力を表現しました。

 

薄いピンクのバラ

 「ピンク」のバラの花言葉は「幸福」。2人がいつもステージで魅せるずっと変わらない甘く幸せな魔法をこの花言葉で表現し、そして私たちからの2人の幸せを願う想いも込めました。

 

薄いピンクのガーベラ

 「ピンク」のガーベラの花言葉は「感謝」。[ふわふわスマイル]の特技「ありがとうの魔法」のようにいつも周りのたくさんの人への感謝の想いを大切にするかな子ちゃんと大坪さん。そんな2人の一面をこの花言葉で表現し、また私たちの2人への「いつもありがとう」の想いも込めました。

 

薄いピンクのカーネーション

 カーネーション花言葉は「無垢で深い愛」、ピンクだと「あたたかい心」の意味も加わります。2人の立ち振る舞いからいつも感じる1人でもたくさんの人に笑顔になって欲しいといったあたたかく愛に溢れた想いをこの花言葉で表現しました。そして私たちから2人へのたくさんの「大好き」の想いもここに込めました。

 

薄いピンクのアルストロメリア

 アルストロメリア大坪さんの6月11日の誕生花です。また「ピンク」の花言葉は「気配り」。いつも周りに気を配り細やかなフォローを欠かさない2人の素敵な一面をこの花言葉で表現しました。

 

薄いピンクのデルフィニウム

 今回初めて盛り込んだスプレー咲きのお花シリーズその1です。花言葉は「あなたは幸せを振りまく」。

 石川公演後に春瀬なつみさんがブログで語られていた「大坪さんがいるだけで、その場がほんわか楽しい雰囲気になるんです。」の言葉。

 アニメ18話終盤の神社のシーンで智絵里ちゃんが言った「(かな子ちゃんが)笑ってくれるとほっとして。」のセリフ。

 ステージ上だけでなく、普段からそこにいるだけで周りのみんなをあたたかく幸せな気持ちにする2人を表すのに本当にぴったりな花言葉だと思い、そんな魅力を2人へお伝えしたく盛り込みました。

 

 

3.濃いピンクのお花

f:id:mossanmaster:20181209132411p:plain

f:id:mossanmaster:20181209132428p:plain

 

 濃いピンクのお花にはコチョウランのような華やかさを大きく演出するお花や「上品」、「崇高美」といった花言葉で今までとひと味違った2人の魅力を表現しました。

 

濃いピンクのバラ

 「ピンク」のバラの花言葉には上述の「幸福」の他に「上品」、「しとやか」の意味もあります。[ドルチェ・クラシカ]特訓後のセリフ「甘さは控えめ、でもその分、上品な香りたーっぷりでお届けします♪」のように、これまでの親しみやすさとはまた違った方向の魅力をこの花言葉で表しました。

 また大きな1輪のバラの他に小さいお花が1本の茎に何本も咲いたスプレーバラもお花屋さんの方で盛り込んでいただきました。これによりさらに違った動きが出たように思います。

 

濃いピンクのガーベラ

 ピンクのガーベラにはこちらも上述の「感謝」の他に「崇高美」の意味もあります。誰もが見惚れ、羨望の眼差しを向ける新しいショコラ・ティアラと2人のステージの魅力。そんなこれまでとは違った美しさをこの花言葉で表しました。

 またこれらのバラとガーベラは同じ「ピンク」でも全く異なる意味の花言葉を持つことから、同じ「ショコラ・ティアラ」でも「これまで」と「」で異なる魅力を発揮する、といった意味合いも込めました。

 

濃いピンクのトルコキキョウ

 トルコキキョウの花言葉は「すがすがしい美しさ」。[ドルチェ・クラシカ]で描かれた高級チョコのように憧れの存在になりたいと願ったかな子ちゃん。そんな彼女は努力の末に更なる自信と魅力を身につけ、たくさんのファンを虜にし喜んでもらうことができました。そんな新たな自信に溢れた彼女の姿にこの花言葉を贈ります。

 

濃いピンクのコチョウラン

 かな子ちゃんの1月6日の誕生花です。花言葉はこれまで贈らせていただいたお花にも込めていた「幸せがとんでくる」の他に、ここでも「上品」の意味も込めました。

 自身が幸せなことで周りのみんなも幸せにする2人にぴったりな花言葉に加え、上述したようなこれまでとは違った上品な魅力を「お花の女王」との異名もあるコチョウランで表現しました。

 モバマス[水辺のティターニア]で「妖精の女王」としてライブの主役を務めたといった意味でもかな子ちゃんにぴったりなお花です。

 また数輪でも華やかさを大きく放つ見た目でも高級感を演出できたように思います。

 

濃いピンクのアスター

 「ピンク」のアスター花言葉は「甘い夢」。2人が魅せるたくさんの人を幸せにする甘い夢。そんな夢が今度は誰かの夢になり、やがて「6人目」が誕生する。かつての少女がそうだったように。そんな今の2人が魅せる「新しい甘い夢」をこの花言葉で表現しました。

 またアスターは1輪が小さくフラスタのような大きなアレンジの中では埋もれてしまいがちなお花ですが、お花屋さんの方でたくさんのアスターを連なるように配置し、遠くから見てもしっかりと存在感が出るように仕上げていただきました。この「甘い夢」の花言葉は今回のフラスタの中でも要であったため、このように配置していただいて本当にうれしく思います…!またこのようなお花の表現方法は本当に目から鱗といった感じで、ルッホさんの蓄積されたノウハウを実感しました…!

 

紫のフリージア

 こちらのお花だけ濃いピンクの中で紫となっておりますが、同じ系統の色合いでおそらく合わせてもぴったりだろうと思い盛り込みました。「」のフリージア花言葉は「憧れ」。

 5th石川公演1日目の最後の挨拶では「ずっとアイマスが好きで、シンデレラガールズが出たときは絶対に声をやりたいと思ってた。」と語った大坪さん。

 「お手本よりたくさん イチゴのせたショートケーキ こんな風にきっと なりたかった」と、普通の女の子からもっと素敵な女の子へ憧れていたかな子ちゃん。

 そんな2人が「憧れを与える存在」となり、そして2人と共に歩み「少女の憧れを描いた曲」から「誰かに憧れを与える曲」へといっしょに成長した「ショコラ・ティアラ」。そんな今回のテーマの象徴をこの花言葉に込めました。

 

濃いピンクのデンファレ

 今回はじめて盛り込んだスプレー咲きのお花シリーズその2です。コチョウランに形が似た小さくかわいいお花です。花言葉は「お似合いの二人」。いつもたくさん人を笑顔したりスイーツが大好きだったりとなにかと共通点の多いかな子ちゃんと大坪さん。そんな本当に仲の良い姉妹のような2人を表すのにぴったりな花言葉だと思い盛り込みました。

 

 

4.赤&濃い赤のお花

f:id:mossanmaster:20181209141050p:plain

 

 濃い赤の段にはダリアのような大輪で華やかな見た目のお花やシックな色合いのお花、そして「優雅」や「華麗なる美」といった花言葉を持つお花で、こちらでも2人の魅せる高級感溢れる魅力を表現しました。

 

赤のバラ

 高級感溢れるイメージを表現するために真っ先に思い浮かんだお花がこちらの真っ赤なバラでした。「」のバラの花言葉は「」。お花の見た目と花言葉で2人がステージで魅せる美しさを表現しました。

 

赤のガーベラ

 赤のガーベラは本当に発色が良く真紅とも呼べるような綺麗な色を放つため、こちらも全体にシックな印象を持たせるために盛り込みました。

」のガーベラの花言葉は「チャレンジ」。[ドルチェ・クラシカ]でのいつもと違った上品な甘さ溢れる自分も見てほしいと願い、そのための努力を頑張ったかな子ちゃんにもぴったりな花言葉だと思います。

 

赤のダリア

 とても大輪で特に華やかかつ存在感のあるお花です。これまで見てきた様々なフラスタの中でその存在感から特に目を惹かれており、一度は盛り込んでみたいと思っていたお花でした。そしてその華やかかつ高級感溢れる見た目が今回のテーマともぴったりなお花です。

 花言葉は「華麗」、「優雅」。まさにお花の見た目をそのまま表したような花言葉であり、こちらも今の2人の最新の魅力を表現するのにふさわしい花言葉だと思います。

 

赤のアルストロメリア

 アルストロメリア花言葉は「未来への憧れ」、「持続」。「紫のフリージア」の項目で書いたようなかな子ちゃん、大坪さんそれぞれの内に秘めた「憧れ」がきっかけとなって出会った2人。そして今、今度は2人が誰かに「憧れ」を与え、「6人目」が生まれ、また他の誰かの憧れの存在となる。

 そんな2人から渡された「憧れのバトン」がこの先もずっと続いていって欲しい、といった未来への想いをこのお花に込めました。

 

赤のカラー

 こちらも今回初めて盛り込んだお花です。円錐型の一風変わった形が全体の中でも良いアクセントとなり、これまでとは違ったベクトルの2人の魅力を表現できたのではないかと思います。ちなみに花びらのような部分は花ではなく仏炎苞(フツエンホウ)と呼ばれるガクが変化したものとのことです。

 花言葉は「華麗なる美」。こちらでも最新の2人が魅せる憧れを抱かせるような華やかな美しさを表現しました。

 

ピンクのストック

 今回はじめて盛り込んだスプレー咲きのお花シリーズその3です。元々はこちらも赤色でお願いしていたところ、お花屋さんで入荷された色がピンク寄りとなっておりましたが、結果的にいい感じに溶け込んだのではないかと思います。

 花言葉は「永遠の美」。今回のテーマのような新しい2人の魅力にこれからもたくさん出会っていきたい、といった想いを込めました。またもう一つの花言葉は「愛の絆」。こちらでは6年以上も共に歩んできた2人の間に結ばれた固い絆を表現しました。

 

 

5.全体に盛り込んだお花

f:id:mossanmaster:20181209133733p:plain

 

 今回はメインのテーマのようなシックなイメージだけでなく、2人らしいふわふわした柔らかい雰囲気も全体に出したいと思い、各段でそれぞれの色に染めたカスミ草を盛り込みました。

 また全体的にもふわっとした印象を与えステージのきらめきを表現するために白のカスミ草も周りを包むように盛り込みました。こちらのカスミ草があるのとないのではかなり違った印象になったのではないかと思います。

 またお花だけではどうしてもできてしまう隙間をグリーン(葉)ラッピングペーパーの装飾により埋め、後ろからの光が透過しないようにすることで、パッと見たときのボリューム感がより印象的になるようにお花屋さんの方で工夫していただきました。こちらもルッホさんのアレンジの制作に関する熟練されたノウハウを感じました…!

 

 

6.イラストボードに関して

f:id:mossanmaster:20181209134039j:plain

 

 今回のイラストボードはメットライフドーム公演に引き続き、くえんさんさんショコラ・ティアラを歌うステージで最新の甘い夢を魅せる2人を本当に素敵にかわいく描いていただきました!

 

 2人のポーズはショコラ・ティアラの1番Bメロの「胸の鍵を開けて」の「開けて」や2番Bメロの「もっと好きになれる」の「なれる」で手を上から下に降ろす振りの途中で客席に手を向ける瞬間を描いていただきました。

 「はじめに」でも書いたように、台湾公演にてこの振りを見たときに今までと同じショコラ・ティアラの歌詞でも今のかな子ちゃんと大坪さんが歌う姿からは「胸の鍵を開けて?」と、客席に語りかけるようなニュアンスに自分の目には映り、今回はその時に感じた憧れを与える2人の姿をイラストで表現しました。

 この説明をイラストの打ち合わせの際にくえんさんさんにさせていただいたところ、私の意図を完璧に汲み取っていただき、2人の目線が手を伸ばしている先を見据えているように描いてくださり、よりこちらに向けてメッセージを訴えかけているようなニュアンスを出していただけました…!

 

 また2人の衣装はどちらもこのお花のテーマのきっかけとなった出来事に関するものになっています。かな子ちゃんの方はいつもとひと味違った上品な甘さ溢れるアイドルになりたいと願った[ドルチェ・クラシカ]特訓後の衣装、大坪さんの方は進化したショコラ・ティアラの甘い夢を感じた台湾公演での衣装と髪型にしていただきました。

 どちらも装飾やフリルなど本当に細かいところまでこだわって描いていただきました…!また2人の表情は最高の甘い笑顔で歌っているところを描いていただき、2人の身長差も再現していただきました。

 

 そしてその他のデザインの方は、今までのようなかわいさよりは高級感溢れるフォントで文字を書いていただき、イラストの周りには[ドルチェ・クラシカ]の衣装の色をモチーフにしたハートと星を散らすことで2人のステージ上でのきらめきを表現していただきました。

 

 今回はただかわいいだけでなく、ひと目見ただけで思わず惹き込まれるように見惚れてしまうような、2人の最新の魅力が存分に発揮された本当に最高のイラストに仕上げていただきました…!今回も最高に素敵なイラストをありがとうございました!!

 

 

7.連名ボードに関して

f:id:mossanmaster:20181209134454j:plain

 

 連名ボードのデザインもイラストと同様くえんさんさんに作成いただきました!こちらは[ドルチェ・クラシカ]特訓コミュのセリフ「でも、たまには高級チョコっぽくなってみたいんです。デパートの地下で売ってて、包装も立派で、リボンもかけてあって!」のセリフのように、デパ地下の某高級チョコ店(GO○○○○)で売っているような包装されたチョコの箱をイメージして作成いただきました。

 全体的には上述の某高級チョコ店風の色の包み紙に[ドルチェ・クラシカ]の衣装で纏っているリボンをかけ、そしてそこに私たちのお名前を記載しました。「大坪さんのファン&かな子P有志一同」と参加者方のお名前の文字は某高級チョコ店のロゴっぽく高級感溢れる金色のフォントで書いていただきました。またこちらのチョコの箱に私たちのお名前を載せることで、このお花全体に「私たちからの想いの詰まった贈り物」といった意味を込めました。

 こちらも最高にシックな印象で素敵に仕上げていただき、本当にありがとうございました!

 

8.まとめ

 以上が今回のフラワースタンドに込めた想いやこだわりの全てです。百花繚乱とも言うべき咲き誇ったお花のボリュームや全体的な色のグラデーション、それぞれの色でチョイスしたお花の見た目や花言葉、そしてステージに立つ2人を描いたイラストボード、私たちの想いの詰まった連名ボードの全てが合わさったことで、最新の「2人」と「ショコラ・ティアラ」が魅せる「甘い夢」をフラワースタンド全体で表現できたのではないかと思います。

 最高のアレンジを制作してくださったルッホさん、素敵なイラストとボードデザインを作成してくださったくえんさんさん、本当にありがとうございました…!

 そしてそんなフラスタで表現した魅力が私たちのたくさんの「ありがとう」や「大好き」の想いとともに、2人へ届いていれば幸いです。

 

 

9.楽屋花、プリザーブドフラワーについて

 今回は本当にたくさんの方々にご参加いただけたため、フラワースタンドに加えて楽屋花プリザーブドフラワーもお贈りさせていただきました!どちらもフラスタで盛り込んだお花をピックアップして盛り込み、フラスタに込めた想いをギュッと詰め込みました。

 

f:id:mossanmaster:20181209135221j:plain

 

 まず楽屋花の方はフラスタと同じ意味を込めるために、ベースに薄いピンクのお花を敷き詰め、イラストボードの周りを包み込むように濃いピンク濃い赤のお花を、こちらではグラデーションではなくミックスして配置しました。またお花の種類は楽屋花の大きさを考え、ダリアのような大輪のお花以外を盛り込みました。以下に盛り込んだお花を記載します。

 

薄いピンクのお花:バラ、ガーベラ、カーネーションアルストロメリア

濃いピンクのお花:バラ、ガーベラ、アスターコチョウラン(ミディサイズ)、フリージア(紫)、デンファレ

赤&濃い赤のお花:バラ、ガーベラ、アルストロメリア、カラー、ストック

・全体的なお花:カスミ草

 

f:id:mossanmaster:20181209135350j:plain

f:id:mossanmaster:20181209135359j:plain

 

 またプリザーブドフラワーは連名ボードのように「私たちの想いの詰まった贈り物」として、中にはチョコの代わりにたくさんのお花がぎっしりと入った2人へのプレゼントをイメージしました。

 こちらの箱の包装紙とリボンは[ドルチェ・クラシカ]特訓後のかな子ちゃんが持っているチョコの箱をイメージして選びました。盛り込んだお花を以下に記載します。

 

濃い赤のバラ

濃いピンクのガーベラ

濃い赤濃いピンクのトルコキキョウ

濃いピンクデンファレ

のカスミ草

ブルースター

 

 白のブルースターかな子ちゃんの髪飾りの形に近いお花として今回も盛り込みました。そしてそれぞれのお花をぎっしりと敷き詰め、パッと見た印象がフラスタのように本当に華やかになるように仕上げていただきました。

 こちらも本当に素敵な楽屋花、プリザーブドフラワーを制作いただき本当にありがとうございました!

 

 

10.あとがき

 ここまで本当に長々と書いてしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました…!

 

 今回の企画もメットライフドーム公演に引き続き、108人と大変多くの方々にご参加いただき本当にありがとうございました…!今回の公演でもご参加いただけた皆様や制作に携わってくださった方々と共に、かな子ちゃんと大坪さんへたくさんの想いと最新の魅力を込めたお花を無事お届けすることができ本当にうれしく思います。

 いつもいっしょに想いを届けてくださる方々がたくさんいらっしゃること、そしてお花やイラストで私の実現したいことを余すことなく叶えてくださる方々がいらっしゃることは私にとっての宝物であり、感謝してもし尽くせない思いです。

 本当にたくさんの2人への愛に溢れた参加者の皆様、2人を思わず見惚れてしまうほど魅力的に描いてくださったくえんさんさん、そして最高のアレンジを制作いただき東京から名古屋まで届けてくださったルッホさん本当に本当にありがとうございました…!!

 

 また今回のお花もメットライフドーム公演同様、とにかく「お花を魅せる」ことにこだわりました。「人を魅了する」という点においてアイドルもお花も共通する魅力を持っていると思っています。

 そのため冒頭に書いたような今の2人がステージで魅せる最新の魅力をなんとかお花で表現できないかと、あれこれ調べて考えながら盛り込むお花をひとつずつ選んでいきました。

 そんなお花がひとつになり完成形となった姿は本当に華やかで素敵で綺麗で、お花屋さんから贈られてきた写真を見たときには自分自身しばらく見惚れていました…!

 また今回は「今までとひと味違った2人の魅力」といった部分を、これまでの企画であまり盛り込んだことのなかった咲き方やシルエットのお花を盛り込むことで表現するアプローチも行うことができ、回を重ねるごとにお花の奥深さやおもしろさを本当に実感しています。

 そしてこうしたお花でたくさんの想いや魅力を表現することができることがもっともっと広まっていけば思っております…!

 

 また今回はメットライフドーム公演、ナゴヤドーム公演と初めて2つのフラワースタンド企画を同時進行していたのですが、無事に両方を終えることができ、本当に心から安心しております。

 両公演とも野外での設置となりましたが、特に大きなトラブルもなくお花が最後まで綺麗に咲き誇り、私たちの想いを2人へ届けてくれたことも本当にうれしく思います。

 

 さらに長々と書いてしまいすみません!重ね重ねとなりますが、今回の企画に携わってくださった全ての皆様、本当にありがとうございました!

 また今回もお花の一輪一輪を魅せることにこだわったため、せっかくですので私が1日目の朝早くに行って撮ったお花のアップの写真も最後に掲載させていただきます。

 そしてまた、今後もこのような機会があれば私たちのたくさんの想いを素敵なお花と共に大坪さんとかな子ちゃんへお届けしたいと考えておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!

 

 2018/12/9

もっさん

 

 

f:id:mossanmaster:20181209135804j:plain

f:id:mossanmaster:20181209135824j:plain

f:id:mossanmaster:20181209135842j:plain

f:id:mossanmaster:20181209135901j:plain

f:id:mossanmaster:20181209135919j:plain

f:id:mossanmaster:20181209135937j:plain

 

f:id:mossanmaster:20181209140026j:plain

f:id:mossanmaster:20181209140043j:plain

f:id:mossanmaster:20181209140101j:plain

f:id:mossanmaster:20181209140121j:plain

f:id:mossanmaster:20181209140140j:plain

f:id:mossanmaster:20181209140231j:plain

f:id:mossanmaster:20181209140251j:plain

f:id:mossanmaster:20181209140312j:plain

f:id:mossanmaster:20181209140337j:plain

f:id:mossanmaster:20181209140356j:plain

f:id:mossanmaster:20181209140414j:plain

f:id:mossanmaster:20181209140434j:plain

f:id:mossanmaster:20181209140453j:plain

f:id:mossanmaster:20181209140511j:plain

f:id:mossanmaster:20181209140529p:plain

 

シンデレラガールズ6thLIVE メットライフドーム公演 大坪さん&かな子ちゃんお花企画について

 シンデレラガールズ6thLIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!!メットライフドーム公演お疲れ様でした!今回大坪さん、かな子ちゃんの本公演へのご出演をお祝いし、たくさんの想いをお届けしたいと思い、本企画にて有志一同よりフラワースタンドプリザーブドフラワーを贈らせていただきました!(企画のツイプラはこちらです→https://twipla.jp/events/322138)

 

 ツイプラの方にもお花のお写真と共に、お花の紹介をご報告させていただきましたが、こちらにはそこに書き切れなかった今回の企画のお花に込めた想いやこだわりの全てを綴らせていただこうと思います。かなり長くなっていると思いますので、もしご興味がある方はお付き合いいただければ幸いです。

 

 

1.はじめに

f:id:mossanmaster:20181115200239j:plain

 

 今回のお花はデレステSSR[新春の彩り]での「どれだけ季節が変わっても、いっしょに進んでいきたいな」の言葉に込められた想いを、私たちからも2人へ返したいと思い、色とりどりのお花の魅せ方と花言葉でこれまでかな子ちゃん、大坪さんと歩んだ季節を振り返り、これからもずっといっしょに進んでいきたい、といった想いを全体に込めました。

 

 これまでいつもかな子ちゃんと大坪さんから本当にたくさんの幸せや笑顔をもらい、そして2人で立つステージでは毎回新しい魅力を感じてきました。そんな中、いつしかこれからもずっと2人を応援し、いっしょに歩んでいきたいといった想いが私の中に常にありました。そんなときにこのかな子ちゃんの言葉を聞き、今2人へ贈りたい一番素直な気持ちはこれだと思い、そしてきっと2人を大好きな方であれば誰もが胸に抱いている気持ちだろうと考え、今回有志一同から贈る最も大きな想いとしてお花に込めました。

 

 また今回は会場がメットライフドームということで、アイマス10thLIVEのときのような野外の険しい環境に設置されることが予想されたため、雨や風でお花がくたっとしないよう、普通にスタンドのバケツにお花を生けるのではなく、お花用のスポンジにお花を刺していく構造としました。この構造は一般的にお花でハートなどの形を作る造形に用いられるのですが、今回は何かの形を作るのではなく、お花一輪一輪の魅力を大切に魅せるような構成としました。

 

f:id:mossanmaster:20181115200431p:plain

 

 

2.全体の周り&季節の境界のお花に関して

f:id:mossanmaster:20181115200722p:plain

 

 今回は各季節を色とりどりのお花で表現おり全体としてはカラフルになるため、そんな中で大坪さんとかな子ちゃんらしさを全面に押し出すために、これまで企画で贈らせていただいたお花にもたくさん盛り込んできた「感謝」、「幸福」、「無垢で深い愛」などの花言葉を持つ2人らしさ溢れるピンク系のお花で全体の周りを囲みました。ここで盛り込んだお花を以下に紹介します。

 

ピンクのガーベラ

 ガーベラの花言葉は「常に前進」、ピンクになると「感謝」の意味もあります。いつも感謝の想いを忘れない2人のたくさんの人への「ありがとうの魔法」を表現し、私たちからの「いつもたくさんの幸せと笑顔をありがとう」の気持ちも込めました。

 

ピンクのバラ

ピンクのバラの花言葉は「幸福」、「感謝」です。ここでは2人がいつもたくさんの人を笑顔にする「幸せの魔法」を表現し、「2人がこの先もずっと幸せであってほしい」といった私たちからの想いも込めました。

 またこれらのバラとガーベラのピンクは濃い色と薄い色を盛り込みました。2種類のピンクが全体として見たときに良い色合いになったのではないかと思います。

 

ピンクのカーネーション

カーネーション花言葉は「無垢で深い愛」、ピンクになると「あたたかい心」も加わります。普段の2人の立ち振る舞いから感じる、「一人でも多くたくさんの人に笑顔になってほしい」といった2人の愛に溢れたあたたかい想いを表現しました。そして私たちからの2人への「大好きの想い」もこの花言葉に込めました

 

ピンクのアルストロメリア

 アルストロメリア花言葉は「未来への憧れ」、「幸福な日々」、「持続」です。これらの花言葉を持つこのお花を全ての季節の日々を囲むように配置しました。これにより[新春の彩り]特訓前親愛度MAXのセリフにてかな子ちゃんが初詣で願った「甘くて幸せで大切な毎日が続きますように」の想いを私たちからも込めました。

 またアルストロメリア大坪さんの誕生日である6/11の誕生花であり、ピンクになると「気配り」の花言葉も加わります。いつも周りを俯瞰した目線から見て細やかなフォローを欠かさない大坪さんの素敵な一面を表現しました。そしてそれだけでなく、いつもみんなへの気遣いを忘れないかな子ちゃんにもぴったりな花言葉であり、2人の共通の魅力であると思っています。

 

白のカスミ草

 アレンジメントのアクセントとしてよく盛り込まれる一輪が小さくかわいいお花で、花言葉は「感謝」、「幸福」です。全体の周りをカスミ草によりふわっとさせることで2人らしいふわふわした優しい雰囲気を演出しました。

 

アイビー

 グリーンを入れることにより良いアクセントになるのではないかと思い盛り込みました。一方あまり主張しすぎると、2人らしさを全面に押し出したピンクの印象が変わってしまうため、他のお花を隠さない程度に盛り込んでいただきました。

 

f:id:mossanmaster:20181115200820p:plain

 

 また各季節の境界にもピンクのガーベラを盛り込みました。ここでのガーベラは周りの色に負けないよう、濃いピンクとしていただきました。

 

 以上が全体の周り&季節の境界のお花です。これらのお花でずっと変わらない2人の魅力を表現し、そしてずっと変わらない私たちからのたくさんの想いも込めました。

 

 

3.ボードに関して

f:id:mossanmaster:20181115200918j:plain

 

 フラスタの中央に配置した今回のボードにはメインの想いである「いっしょに進む」といったメッセージを込めるために、2人が描かれたイラストボードと私たちの名前を記載した連名ボードを1つにしたいと思い、このような形としました。

 一番上の「祝 ご出演」のハートはHappy New Yeah!のコミュでかな子ちゃんのお誕生日をお祝いするためにみんながメッセージを書いたハートをイメージし、立体的な形にしていただきました。

 そして全体としては、虹色のカラフルなハートに参加者全員のお名前を記載し、そんな私たちの色とりどりの想いが降ってくるのを2人が笑顔でうれしそうに見上げている様子となっております。どうにか私たちのお名前と2人をいっしょに描きたいと思いこの構図を思いつきました。ぱっと見た印象で本当に「いっしょ感」が出ていて個人的にかなりお気に入りの構図です。

 

 今回のイラストはこちらのメインに加え、各季節のパートをイメージしたSDキャラと共にくえんさんさんに本当にかわいく素敵に描いていただきました…!5th福岡公演の際にもくえんさんさんに依頼させていただいたのですが、そのときから彼のふわふわした作風が2人に最高にマッチしていると思い、今回もお願いさせていただきました。

 衣装はかな子ちゃんの方がお花に込めたメインの想いの元となったカードである[新春の彩り]特訓後、大坪さんの方が2013年12月のデレパにご出演されたときのかな子感溢れるニットワンピとなっております。大坪さんがシンデレラ関係の番組やイベントにご出演されるときに着られていたかな子ちゃんを意識した衣装はたくさんありますが、今回は実際の季節似合わせこちらを選びました。

 またこれらの衣装はステージ衣装と私服の両方を描いていただいたことで、ステージ上に限らず、スマホやPC、テレビなど普段の生活の様々なところを通してたくさんの幸せや笑顔をくれる2人とずっといっしょに進んでいきたい、といった想いを込めました。

 どちらの衣装も本当に細かいところまで描き込んでいただきました…!特にかな子ちゃんの衣装のフリルや模様や小物など細かいところにもご注目いただければ幸いです。そしてさらに2人の身長差も再現していただきました!

 またSDキャラの方は各季節のパートの際にご紹介させていただきます。どのイラストも本当に見ているだけでこちらまで幸せになるようなオーラを放っているようで、くえんささんにお願いして本当に良かったと思いました…!最高のイラストをありがとうございました!

 

 またこちらのボードは雪季さんに印刷と加工を行っていただきました。今回は野外での設置だったので、いつも以上に防水加工を行っていただき、本当に綺麗に作製していただきました。本当に綺麗なボードをありがとうございました…!

 

 

4.春パートに関して

 次に各季節のパートを紹介していきます。

f:id:mossanmaster:20181115201018p:plain

 

 まず春パートではベースのピンクのカーネーションの上に春らしい色合いのお花をたくさん盛り込みました。このパートのお花を以下に紹介します。

 

・ピンクのバラとガーベラ

f:id:mossanmaster:20181115201058p:plain

 

 春といえば、2012年4月18日のかな子ちゃんと大坪さんの出会いであるCDデビュー、2013年4月10日のお願い!シンデレラ発売記念イベント、2014年4月5、6日の1stLIVE、2015年4月11日のCANDY ISLAND初ステージ、そして1stLIVEの夢の続きとも言える今年の4月7、8日の台湾公演といったような2人に関する特に思い出深い出来事がたくさんありました。そしてその思い出たちはいつも春の桜と共にありました。そんな桜のお花を2人らしさ溢れる1輪のピンクのバラの周りに5輪のピンクのガーベラを配置することで表現しました。

 

ピンクのアスター

 ピンク色のアスター花言葉は「甘い夢」。これはかなり個人的なことなのですが、ずっと待ち望んでいた初の単独公演である1stLIVEでの大坪さんとかな子ちゃんのステージがきっかけで、それまでよりももっと「2人」を応援したいと思い、今の自分がいます。そして私以外でもこういった方はいらっしゃるのではないかと思っております。そんな絶対に忘れられない「甘い夢」を魅せてくださったあのステージへの大きな想いをこのお花に込めました。

 

ピンクのコチョウラン

 こちらは1/6のかな子ちゃんの誕生花となっております。3rdLIVEでのお花企画からフラスタには必ず2人の誕生花を盛り込んでいるのですが、これは「2人に贈るお花」といった意味合いを強調するためです。

 そして花言葉は「幸せがとんでくる」。自身が幸せなことで周りのみんなまで幸せにするかな子ちゃんにぴったりな花言葉です。

 そしてお花の形から春らしく数匹の蝶が止まっているように配置していただきました。

 

緑のトルコキキョウ

 [ワンダフルマジック]特訓前の草原をイメージしたふわふわのトルコキキョウを緑の差し色としてピンクの中に盛り込みました。ピンクだけでなく春らしさ溢れる緑色を盛り込むことで、より春のあたたかさを表現できたのではないかと思います。

 

f:id:mossanmaster:20181115201808j:plain

 

 またSDキャラも個人的に思い入れのある[ワンダフルマジック]特訓前の衣装を着たかな子ちゃんと大坪さんを描いていただきました。

 カードの背景の草原にて最高の笑顔で花の冠を被せあっている様子です。大坪さんとかな子ちゃんがいっしょにいるところを想像すると、大坪さんがかな子ちゃんをめちゃくちゃ溺愛してるだろうなといったイメージが私の中にずっと存在し、そんな2人は本当に仲の良い姉妹みたいだと思ってきました。

 そんな「姉妹感」をこのイラストだけでなく他のイラストでもかなり意識して描いていただきました。見ていてこっちまで本当に笑顔になるような素敵なイラストです…!

 

 

5.夏パートに関して

f:id:mossanmaster:20181115201929p:plain

 

 夏パートでは「とんでいっちゃいたいの」をモチーフに曲中の少女が見た深い青色の海、スカイブルーの空、ふわふわした白い雲といった風景をお花で魅せる構成としました。また海と空の境界は色をやんわり染め分けることでグラデーションとしていただきました。

 

深い青のバラ

 深い青色の海を濃いめの青に染めたバラで表現しました。ただの青ではなく濃い青にすることで、深い海から空へ続く感じを出せたのではないかと思います。

 青のバラの花言葉は「夢叶う」。かな子ちゃんを大好きな方であれば一度は夢見た彼女がセンターに立つ姿。昨年夏に開催された5thLIVE TOUR 福岡公演ではかな子ちゃんと大坪さんがセンターに立ち、私たちと共に夢を叶えました。この私たちにとって一生忘れない最高の夏の思い出への想いを、この花言葉に込めました。

 

水色のガーベラ

 ビビッドな水色に染めたガーベラでどこまでも透き通った夏のスカイブルーの空を表現しました。

 昨年8月の5thLIVE TOUR SSA公演での企画で贈らせていただいたお花の中にもこの水色のガーベラを盛り込んだのですが、そのフラスタを見た方からすごい夏らしい色で今の季節にぴったりの色合いとのお言葉をいただきました。

 私自身もこの色合いが大好きだったので、夏を表すのであればこの水色のガーベラは欠かせないと思い、今回も盛り込みました。

 

白のトルコキキョウ

 夏の空の大きな雲を八重咲きのふわふわした白のトルコキキョウで表しました。それと同時に曲中に登場する少女のスキな人へのとんでいっちゃいそうなほど大きく膨れ上がった想いも表現しました。

 また夏といえばこれまでかな子ちゃんは2016年に南国で撮影を行った[スイートサマータイム]、2017年にシーサイドライブを行ったアイプロおよび[水辺のティターニア]と、2回水着のお仕事を経験しています。[CDデビュー]特訓後で水着風の衣装を着たときには「この衣装はちょっと…」と言っていた彼女が、様々な経験や2回の水着のお仕事を経て、シーサイドライブの主役のような大役を任されても前向きになれるくらい成長しました。そんな大きな自信を得たかな子ちゃんの姿にトルコキキョウの花言葉すがすがしい美しさ」を贈ります。

 

f:id:mossanmaster:20181115202155j:plain

 

 またSDキャラもとんでいっちゃいたいのをイメージした海と空と雲を背景に、衣装はかな子ちゃんが、大坪さんが群青色のワンピースで描いていただきました。大坪さんの衣装の元ネタが気になる方は大坪さんが社長兼ボーカルを務める企業系ユニット「smileY inc.」の3rdシングル「「スキ」を教えて」をぜひ購入して、大坪さんが作詞したカップリング曲を聞いてみてください!

 またポーズは2人仲良く手を繋ぎ、かな子ちゃんがこちらに手を振っているのを大坪さんが優しく微笑みながら見守っている構図です。かな子ちゃんを見守る大坪さんからはとてもお姉ちゃん感を感じ、春でも述べた本当に「姉妹感」あふれるイラストに仕上げていただきました…!

 

 

6.秋パートに関して

f:id:mossanmaster:20181115202413p:plain

 

 秋パートでは2014年10月末にモバマスで登場した温泉がモチーフの[桜色の華姫]特訓前で描かれた紅葉や、時系列的に秋であったアニメ18話(Heart Voice回)終盤の夕焼け空をそれぞれのお花で表現しました。

 

オレンジのバラ、ガーベラ

 中心から円周へ向けて色合いの異なるオレンジのバラとガーベラを配置することでアニメ18話の秋の夕焼け空を表現しました。はじめはオレンジと赤のガーベラで表す予定でしたが、お花屋さんで実際にお花を見ながら検討した結果、色合いの異なるバラとガーベラといった違う種類のお花でグラデーションにするのも綺麗だと思い、このような形となりました。また季節的にデレステSSR[ホワイトウィッチ]で描かれたハロウィンのかぼちゃにもぴったりな色合いであるとも思います。

 そしてオレンジのバラの花言葉は「」、「信頼」。[桜色の華姫]で描かれたワンダフルマジックを経て更に深まったPとかな子の絆や、アニメ18話で描かれたCANDY  ISLANDの更なる信頼関係をこの花言葉で表現しました。そして6年以上ずっといっしょに歩んできた大坪さんとかな子ちゃんの深い絆も表現し、これからもずっと2人が仲良く歩んでいって欲しい、といった想いも込めました。

 

赤のガーベラ

 オレンジの夕焼け空の中に赤のガーベラを散らすように配置することで舞い落ちる紅葉を表現しました。このガーベラのビビッドな赤は本当に発色が良く、色鮮やかな紅葉を表すのにはぴったりだと思いました。

 またガーベラの中でも赤の花言葉は「チャレンジ」。こちらもアニメ18話の中で、かな子ちゃんと智絵里ちゃん、杏ちゃんときらりちゃんがそれぞれ乗り越えたチャレンジを表現しました。そして今年3月に開催されたアイチャレでのかな子ちゃんのクレープ屋さん造りや、昨年から始まった大坪さんの舞台出演のように、これからもたくさんの事にチャレンジして新しい魅力をどんどん発揮していって欲しい、といった想いも込めました。

 

ファーガス

 公演1週間前のお花屋さんとのお打ち合わせにて、急遽入荷できたとのことで、ファーガスと呼ばれる木の葉を各所に散らすことでより直接的に秋っぽさを演出しました。私では思いつかないような素敵なご提案を本当にありがとうございました…!

 

f:id:mossanmaster:20181115202451j:plain

 

 またSDキャラ[桜色の華姫]特訓前の背景をモチーフに温泉に浸かって最高にリラックスしている2人を描いていただきました。大坪さんの髪型はお団子にまとめていただき、2人の表情もめちゃくちゃ和んでいる感じにこだわっていただきました。そして本当にお忙しい毎日をお送りしているお二人に少しでも安らぎの時間があれば、といった想いもこのイラストに込めさせていただきました…!

 

 

7.冬パートに関して

f:id:mossanmaster:20181115202610p:plain

 

 冬パートでは2015年12月に登場した[メルティスノー]のかな子ちゃんの見た綺麗なイルミネーションの景色をそれぞれのお花で表現しました。

 

白のトルコキキョウ、ガーベラ、コットン

 イルミネーションの背景として、ふわふわの白のトルコキキョウコットン、そして白のガーベラを表現しました。元々はトルコキキョウとガーベラだけの予定でしたが、こちらも直前のお打ち合わせにてお花屋さんの方からコットンをご提案いただきました。このコットンによりトルコキキョウに加えてさらにふわふわ感が表現され、より2人らしい優しい雰囲気を出せたのではないかと思います。

 

のピンポンマム

 キラキラと光輝くイルミネーションをのピンポンマムで表現しました。ピンポンマムは菊の仲間のお花で、そのまんまるなとてもかわいい形がイルミネーションにぴったりだと思い盛り込みました。雪の中輝くイルミネーションをいい感じに表現できたのではないかと思います。

 またピンポンマムの花言葉は「清らかな愛」。私たちから2人への純粋な大好きの想いをたくさんのこのお花に込めて贈りました。

 

青のバラ

 こちらもピンポンマムと同様イルミネーションの一つとして盛り込みました。花言葉は夏と同様「夢叶う」。2012年12月に開催されたローソンイベントで初めて2人でステージに立ったかな子ちゃんと大坪さん。2013年11月に開催された2周年記念イベントにおける待望の1stLIVE発表、そこで流れたお願い!シンデレラアニメーションPVの中で見ることができた動くかな子ちゃん。そして2015年1月のTVアニメの放送開始。このようにこの季節にも節目となった2人との出来事がたくさんあり、そのどれもが私達の夢が叶った瞬間でした。そんな思い出たちに対する想いをこの花言葉に込めました。

 

f:id:mossanmaster:20181115202650j:plain

 

 またSDキャラはかな子ちゃんが[メルティースノー]特訓前、大坪さんが2周年記念イベントでの衣装にしていただきました。

 [メルティスノー]が登場したときにかな子ちゃんの帽子をひと目見て、2周年記念イベントのときに大坪さんが被っていたものと似ていると思っていたので、今回このように2人が並ぶ姿をイラストで見ることができて個人的にうれしかったりします…!実際に並べて見るとどちらの衣装も本当に親和性が高く、良いチョイスができたのではないかと思います。またお花と合わせて2人がイルミネーションに見惚れているところを描いていただきました。

 

 

8.全体に込めた想い

 今回のフラスタの四季を囲むピンクのお花に盛り込んだバラの数は全部でぴったり50本となっています。「50本」のバラの花言葉は「恒久」。

 また四季のお花の全てに「常に前進」の花言葉を持つを盛り込みました。

 そして各季節のパートを…と時計回りに巡るように配置しました。

 これらすべて要素と、ボードの私たちの名前と2人のイラストをいっしょにした構成を合わせ、かな子ちゃんの「どれだけ季節が変わっても、いっしょに進んでいきたいな」の言葉を表現し、「これからも変わる季節をずっと変わらずいっしょに歩んでいきたい」、そんな私たちからの純粋で素直な想いを、フラワースタンド全体に込めました。

 

 

9.プリザーブドフラワーに関して

 フラスタに込めた想いを大坪さん、かな子ちゃんにお持ち帰りいただきたいと思い、今回プリザーブドフラワーフラワースタンドといっしょに企画の一環として贈らせていただきました。

 

f:id:mossanmaster:20181115202807p:plain

 

 こちらはHappy New Yeah!のコミュで凛ちゃんがかな子ちゃんに贈るために考えていた花束から着想をもらい、今回はこのようなブーケ形としました。

 それぞれの季節を象徴する4つの色である濃いピンク水色オレンジ、白のバラを各2本ずつ円状に並べ、その中心に2人を象徴する薄いピンクのバラを1本配置しました。これら「9本」のバラの花言葉は「いつもいっしょにいてください」です。

 またピンクのガーベラには「常に前進」の想いを込め、9本のバラと合わせ、「どれだけ季節が変わっても、いっしょに進んでいきたいな」の想いをプリザーブドフラワーにもギュッと凝縮して詰め込みました。

 またその他にも全体としてふんわりしたイメージを出すために白のカスミ草、アクセントとしてのグリーンの葉、そしてかな子ちゃんの髪飾りをモチーフとして白のブルースターを盛り込みました。

 またお花をラッピングしている包装は2人らしさ溢れるピンクのものを使用いただき、ケースにくくりつけたリボンは私が某布屋さんで選んで購入したものとなっております。こちらも2人らしい色をじっくりと選び、高級感を出すためにサテン生地のものを選びました。

 全体的に本当にバランスが良く、素敵で豪華なブーケに仕上げていただきました…!こちらも無事お手元に届いていれば幸いです…!

 

 

10.あとがき

 ここまで本当に長々と書いてしまいましたが、お付き合いいただけた方はありがとうございました…!

 以上が今回のお花に込めた想いやこだわりの全てです。こうして振り返ってみると、本当にたくさんの季節でいろいろな出来事をかな子ちゃん、大坪さんといっしょに経験しながらここまで歩んで来たんだなと実感します。

 そんな色とりどりの日々を百花繚乱とも言うべきたくさんのお花で表現し、そしてこれからの歩んでいく未来への想いを込めました。

 元々たくさんのお花で魅せる構成としていましたが、正直想像以上のボリューム具合で、最初にアンドフラワーさんから送られてきた写真を見たときには驚きのあまり全く言葉が出なかったのですが、その後にとてつもない感動とうれしさが込み上げてきました…!

 ここまで素敵な最高のお花を贈ることができたのは、110名と大変多くの2人を愛する参加者の方々、仲良しな2人を素敵にかわいく描いてくださったくえんさんさん、ボードを超防水加工で綺麗に印刷してくださった雪季さん、そして確かな技術力でお花一輪一輪を魅せるボリューミーなアレンジを制作してくださったアンドフラワーさん、そんなこの企画に携わってくださった全ての皆様のおかげです。本当に本当にありがとうございました…!

 

 また今回は会場がメットライフドームということで、アイマス10thLIVEの例を見ると雨や風が心配だったため、全体の構造やボードの加工などでいろいろな工夫を施しました。

 実際造形で今回のようなお花を魅せるといった構造はこれまでやったことがないとアンドフラワーさんもおっしゃっていたのですが、搬入が公演前々日になったことや公演前日の雨などのイレギュラーが発生した中で、無事2人へお届けすることができ、そして最後まで本当に綺麗に咲き誇ってくれたことで心の底からホッとしました…!

 

 また公演期間中や公演後は本企画にご参加いただけた皆様からお花に関する本当にあたたかいお言葉の数々をいただき、とても励みになりました…!

 そんな言葉をお聞きして、自分でも誰かを幸せにできたのではないかと思うことができ、なんだかうれしくなりました。そしてかな子ちゃんもきっとこんな風に自信をつけていき、今の彼女があるのかなと思ったりしています。

 それと同時に、「うれしい」や「よかった」や「ありがとう」といった感情を誰かに伝えることの大切さを、伝えられる側の立場に立って改めて実感しました。

 なのでもしよろしければ、今回のメットライフドーム公演に参加して感じたことを、大坪さんご本人へお手紙でお伝えしてみませんか?はじめは便箋1枚からでも全然大丈夫だと思います。想いをお伝えする方が1人でも多く増えることが、同じ彼女たちのファンとして、担当Pとして、本当にうれしく思います!

 

 そしてまさか今回の6thLIVE全体のテーマも「季節」になるとは…!1年遅れの「Serendipity」を今感じてしまいました…!次のナゴヤドーム公演ではおそらく秋と冬の季節をテーマにしたライブになるかと思いますが、こちらでも今回お贈りさせていただいたお花のように、これまでの季節へ想いを馳せながらご参加いただければと思います。

 

 さらに溢れる個人的な想いを長々と書いてしまいすみません!Wordで下書きをしていたのですが、そろそろ文字数が1万字を超えそうなのでここで筆を置こうかと思います…!そして最後に、今回のフラスタはお花の一輪一輪の綺麗さを魅せることに本当にこだわったので、この後にギャラリーとしてお花のアップのお写真を何枚か載せておきたいと思います!

 それでは重ね重ねとなりますが、本企画に携わってくださった全ての皆様、本当にありがとうございました!次のナゴヤドーム公演でのお花企画も今回のように全力でがんばりますので、よろしくお願いします!!

 

 

f:id:mossanmaster:20181115203053j:plain

 

f:id:mossanmaster:20181115203040j:plain

 

f:id:mossanmaster:20181115203125j:plain

 

f:id:mossanmaster:20181115203142j:plain

 

f:id:mossanmaster:20181115203212j:plain

 

f:id:mossanmaster:20181115203239j:plain

 

f:id:mossanmaster:20181115220015j:plain

 

f:id:mossanmaster:20181115203328j:plain

 

f:id:mossanmaster:20181115203338j:plain

 

f:id:mossanmaster:20181115203414j:plain

 

f:id:mossanmaster:20181115203427j:plain

 

f:id:mossanmaster:20181115214459j:plain

 

2018/11/15

もっさん

 

 

 

 

 

シンデレラガールズ5thLIVE TOUR SSA公演 大坪さん&かな子ちゃんお花企画について

 シンデレラガールズ5th LIVE TOUR Serendipity Parade!!! SSA公演お疲れ様でした!!同ツアーの石川公演、福岡公演に引き続き、今回も大坪さん、かな子ちゃんのライブへのご出演をお祝いしたくさんの想いを届け応援したいと思い、有志一同よりフラワースタンド、楽屋花、プリザーブドフラワーを贈らせていただきました!(企画のツイプラはこちらです→http://twipla.jp/events/253837)

 

 このページでは、贈らせていただいたお花に込めたたくさんの想いやこだわりなどを全て綴っていこうと思いますので、お時間がございましたら最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

 

1. はじめに

f:id:mossanmaster:20170831211424p:plain

 

 今回のフラワースタンドは「2人がステージで魅せる魔法の世界」をメインテーマにしました。4thLIVE SSA公演で初披露され、今回のツアーの石川、福岡公演でも披露されたかな子ちゃんのソロ2曲目である「おかしな国のおかし屋さん」。この曲を初めてライブで聞いた時、ステージに立つ大坪さんとかな子ちゃんが創り出すどんな人でも幸せにする魔法の世界が会場全体を包み込むのを感じました。これこそが現時点での2人の最高の魔法であり最新の魅力であると思ったため、それを2人に伝えたいと思い、2人の創り出す色とりどりの世界観をとにかくたくさんのボリューミーなお花で表現しました。お花一つ一つに私たちからの想いを込めることはもちろん、お花の綺麗さを全面に押すことにもこだわり、2人の最高の魔法のように見た人みんなが甘く幸せな気持ちになるようなフラスタを目指しました。

 

 以下にこのフラワースタンドに込めたたくさんの想いや2人らしさについて綴っていこうと思います。

 

 

2. 上段のお花について

f:id:mossanmaster:20170831211736j:plain

 

 今回のフラスタの上段はイラストの周りを包み込むピンクのお花の部分と、その上部の七色のバラで作製した虹の橋で構成されています。

 

 

2.1. イラストの周りを包み込むピンクのお花

 2人の創り出す世界観を表現するにあたって、まず軸となるのはずっと変わらない2人の魔法である「幸せの甘い魔法」や「ありがとうの魔法」です。そのため上段には「幸せ」や「感謝」の花言葉を持つ、かな子ちゃんのイメージカラーであるピンクのお花を中心にまとめました。そして魔法をかける2人の周りを本当にたくさんのこれらのお花で包み込むことで、2人のかける魔法と2人から溢れる幸せのオーラを表現しました。

 以下にこの部分に盛り込んだお花について紹介します。

 

f:id:mossanmaster:20170831212017p:plain

  

濃い&薄いピンクのバラ

 バラ全体の花言葉は「」。そしてピンクになると「幸福」、さらに濃いピンクになると「感謝」が加わります。特に「幸福」の花言葉にはステージ上で発揮される、見ている人みんなを「幸せ」にする2人の一番の魅力である甘い魔法の意味を込めました。また色も2種類のピンクを使用したことで、濃いピンクが全体的に良いアクセントになったのではないかと思います。

 

ピンクのカーネーション

 カーネーション花言葉は「無垢で深い愛」。ピンクになると「あたたかい心」、「感謝」も加わります。石川公演2日目の最後に行った「エアきんつばキャッチ」や、福岡公演にてセンターに立った際に考案した「すいとーよ選手権」のように、会場やLVで見ている全ての人に楽しんでもらい笑顔になって帰って欲しい、そんな2人のファンに対する愛に溢れた想いをこれらの花言葉で表現しました。また私たちからの2人への大好きな気持ちもたくさん込めました。

 

ピンクのガーベラ

 ピンクのガーベラの花言葉の中でも「感謝」の意味を込めました。「幸せの魔法」だけでなく、もう一つ、いつも2人が私たちにかけてくれる魔法がたくさんの感謝の想いの詰まった「ありがとうの魔法」です。そしてピンクのバラ、カーネーションに込めた「感謝」の花言葉と合わせて、私たちからのたくさんのありがとうの気持ちも詰め込みました。

 

ピンクのアルストロメリア

 こちらは大坪さんの誕生日である6月11日の誕生花です。花言葉は「気配り」。常に全体に目を配り、周りの方々に話を振ったりフォローをされたりする大坪さんの素敵な一面を表現しました。またこれは大坪さんに限らず、ゲームやアニメの様々なところで描かれたかな子ちゃんの周りのみんなを気遣う一面にもぴったりの花言葉だと思います。

 

ピンクのコチョウラン

 そしてこちらはかな子ちゃんの誕生日である1月6日の誕生花です。花言葉は「幸せが飛んでくる」。いつも幸せを振りまく2人にこれからもさらなる幸せが訪れて欲しいといった想いを込めました。これらの誕生花は「2人に贈るお花」の意味をより強調したい想いあります。また、メインに盛り込んだバラ、ガーベラ、カーネーションが丸いシルエットなのに対し、これらの形状の異なる2種類のお花により全体の華やかさも増したのではないかと思います。

 

白のカスミ草

 花言葉は「幸福」、「感謝」。よくアレンジのアクセントに使用されるお花です。今回もボリューミーなお花のところどころに盛り込んでいただきました。

 

ピンクのアスター

 アスターの中でもピンクの花言葉は「甘い夢」。1stLIVEの際に登場したモバマスのSR[ワンダフルマジック]思い出エピソード後編での「いつか…誰かが私を見て、がんばろうって思ってくれたら…誰かに甘い夢をみせてあげられたら、いいなって思ったんです。」のセリフを始めとして、かな子ちゃんがこれまでアイドルとして願ったたくさんの甘い夢を表現しました。

 

 以上が上段のイラストボードの周りを包み込んだお花です。これらの本当にたくさんのピンクのお花をボリューミーにアレンジしていただくことで、2人がステージ上でずっと私たちにかけてきたたくさんの魔法を表現しました。

 またいろいろな方が見るフラスタなので、遠くから見てもひと目で大坪さんとかな子ちゃん宛のお花だとわかるようにしたいといった想いもあったのですが、これもイラストの周りのこのピンクのお花たちによって実現できたのではないかと思います。

 

 

2.2. 七色のバラの虹の橋

 イラストとピンクのお花の上部には水色のバラとアイビーを用いて作製していただいたリースを配置し、虹の橋を架けました。これは雨上がりがシチュエーションのモバマスのSR[クリーミィトライフル]思い出エピソード後編の「こんな気持ちのまま、あの虹の橋を渡って……プロデューサーさんと一緒にアイドルのお仕事を続けていけたら……ステキだなぁ……。」のセリフのように、これからも2人がずっと一緒に歩んでいけたら、そして私たちもかな子ちゃんをずっとプロデュースできたら、大坪さんをずっと応援できたら、そんな願いを込めました。

 またレインボーローズの花言葉無限の可能性」を今回はこの七色のレインボーカラーのバラを用いて表現しました。石川公演にて今までにない表情を魅せた「あいくるしい」、福岡公演にてセンターに立ち甘い魔法で曲を染め上げた「Tulip」など、今回のツアーだけでもたくさんの新たな可能性を見せてくれたかな子ちゃんや、その可能性を引き出してくださった大坪さん。そんな2人がこれからも虹の橋を渡った先にある無限の可能性を見つけ、さらにたくさんの人を魅了していって欲しいといった想いも込めました。

 以下にそれぞれの色のバラに込めた想いを紹介します。

 

f:id:mossanmaster:20170831212908p:plain

 

赤色

 赤のバラの花言葉は「情熱」です。かな子ちゃんのアイドルへの、大坪さんの役者へのどこまでも真剣で熱い想いを表現しました。そして私たちが2人からもらったこのたくさんの熱い想いも込めました。

 

橙色

 橙色のバラの花言葉は「」、「信頼」です。これまで培ってきたかな子ちゃんとプロデューサーの絆や信頼関係を表し、それだけでなく、この5年間いっしょに歩むことでより深まったかな子ちゃんと大坪さんの絆も表現しました。

 

黄色

 黄色のバラの花言葉は「友情」です。ピンクドットバルーンを始めとしてロッキングガールやかな☆かな☆ふぁんしー、スウィートラヴァーズ、CANDY ISLANDにサクヤヒメやSweetchesなどなどここには書ききれないほどのたくさんのユニットを組んだり、他にもたくさんのアイドルとの絡みもあるかな子ちゃん。そんな彼女のとても広い交友関係を表しました。さらに橙色と合わせてさらにこの絆や信頼関係、友情がずっと続いて欲しいという想いも込めました。

 

緑色

 緑のバラの花言葉は「穏やか」です。そこにいるだけで周りを笑顔の絶えない幸せな空間にする2人らしさを表現しました。また今回のSSA公演と共にツアーが何事もなく大成功で終了しますようにといった想いも込めました。

 

水色青色

 青のバラの花言葉は「夢叶う」、「奇跡」です。ずっとアイドルマスターが大好きで、オーディションに受かりかな子役に選ばれ、今回のツアーの福岡公演ではセンターに立った大坪さん。デレステSSR[ドルチェ・クラシカ]ではかわいくなりたい、誰かの憧れになりたいというずっと前から願っていた女の子の夢を叶えたかな子ちゃん。

 そして石川公演1日目の最後の挨拶にて、大坪さんが「夢を与える側になれているのかな」とおっしゃっていたように、夢を与える存在になったことで[ワンダフルマジック]にて願った「誰かに甘い夢を見せてあげられたら」という夢を2人で叶えました。

 その他にもこれまでたくさんの夢を叶えてきた2人が、これからも夢の先へ進んでいけるよう、「夢叶う」の花言葉に想いを込めました。

 また「奇跡」は偶然と必然が交差した先にある数々の奇跡を生み出した「Serendipity」の名を冠する今回のツアーにふさわしい花言葉だと思います。

 

紫色

 紫のバラの花言葉は「尊敬」、「誇り」です。2人の周りへの細かな気配りやお仕事へのまっすぐで真剣な姿勢など、一人の人間として尊敬するところが本当に多く、そんなかな子ちゃんの担当Pであること、大坪さんのファンであることを心から誇りに思っています。そんな敬意をこの花言葉に込めました。

 

 以上が虹の橋を構成する七色のバラそれぞれに込めた想いです。一つ一つの色の花言葉をじっくり調べてみるとどれも2人への私たちの想いや2人らしさに当てはまるものが必ず存在したため、「無限の可能性」の他にもたくさんの想いを込めることができました。

 また虹色は(せきとうおうりょくせいらんし)で覚えていたため、藍色の微妙な色合いが難しいと思っていましたが、よくよく調べると「青→藍」の代わりに「水色→青」の説もあることを知ったため、お花屋さんに相談したところ、この青の濃淡の色分けならできるとのことだったので、こちらの虹色を採用しました。色の並び順も実際の虹の色のようになっています。

 

 

3. イラストボードに関して

f:id:mossanmaster:20170831213344p:plain

 

 今回のイラストは最高の甘い魔法をかけるかな子ちゃんと大坪さんをりんご(夏)さん(@814ringo)に本当に素敵にかわいく描いていただきました!

 

 まず2人の衣装はSweetchesのユニット衣装にしていただきました。この衣装を選んだ理由は二つあり、一つは今回のテーマが「おかしな国のおかし屋さん」を歌う時に2人がかける最高の魔法であるため、お菓子屋さん風といえばこの衣装だと思いついたためです。

 またSweet Witches’ Night (以下SWN) のイベントコミュではSweetchesのメンバーの言葉により「どんな人でも幸せにする、すべてのお菓子を詰め込んだ大きなお菓子の家のような最高の甘い魔法」といった自分のオリジナルの魔法をかな子ちゃんは見つけることができました。このオリジナルの魔法こそが、会場をどんな人でも笑顔にする最高に幸せなかな子ちゃんの世界で包み込む、今回のテーマである「おかしな国のおかし屋さん」に繋がっていると思っています。これがこの衣装を選んだもう一つの理由です。

 たくさんのフリルや細かい装飾など、見れば見るほど細部に至るまでの描き込みには本当にこだわりを感じます…!ここまで高いクオリティに仕上げていただき本当にありがとうございました!

 

 また2人が持っているのはライブでおかし屋さんを歌う時に登場する銀のボウルと泡立て器です。ヘッドセットを装着しこれらの道具を両手に持って行うダンスが印象的なこの曲ですが、そんな振りの一部をイメージしたポーズで描いていただき、魔法をかけている2人を表現しました。また大坪さんの髪型はかな子ちゃんとしてステージに立つ時にだいたいしているまとめた髪型で描いていただき、2人の身長差も再現していただきました。

 そして表情は、個人的にりんご(夏)さんの描く印象的な瞳が大好きなため、目を開いたままの最高に幸せそうな表情でお願いさせていただいたところ、本当にステージに立つかな子ちゃんと大坪さんらしい柔らかい最高の笑顔を描いていただきました…!

 全体的にも2人にぴったりな柔らかいタッチは2人の幸せがイラストから溢れ出てくるようでずっと見ていたくなります…!今回も最高に幸せなイラストを本当に本当にありがとうございました!!

 

 また文字や装飾のデザインは私の友人にお願いさせていただきました!こちらの「祝 ご出演~」のフォントは衣装に合わせてSWNのロゴ風にメルヘンチックに仕上げていただきました。こちらも細かい部分まで装飾が施されています…!

 また「三村かな子様」、「大坪由佳様」の文字の周りには、おかし屋さんに繋がるオリジナルの魔法を見つけてくれたSweetchesのメンバーの要素も盛り込みたいと思い、十時愛梨ちゃんのアップルパイ及川雫ちゃんの牛乳森久保乃々ちゃんの本椎名法子ちゃんのドーナツとそれぞれのモチーフを配置しました。

 また2人の上のスペースには、かな子ちゃんに縁のある以下のお菓子を配置し、甘い魔法を表現していただきました。

 

・クルクルキャンディ、シュークリーム:デレステSSR[ホワイトウィッチ]のイラストやセリフ

・ショートケーキ:CINDERELLA MASTER 003のジャケット

・マシュマロ:アニメ9話CANDY ISLAND回

バウムクーヘンモバマスSR[メルティスイート]イラストやセリフ、大坪さんの大好物

・マカロン:アニメ6話、モバマスSR[クリーミィトライフル]イラストやセリフ、ブールミッシュさんバレンタインコラボなどなど

・クッキー:モバマスNセリフ

・カップケーキ:デレステメモリアルコミュ1(かな子ちゃんが初めてPにあげたお菓子です。)

 

 以上がイラストボードの紹介です。「おかしな国のおかし屋さん」に繋がるSWNやSweetchesの要素をたくさん詰め込み、イラストとデザインが相まって本当に甘く素敵なイラストボードになりました…!

 

 

4. 下段のお花について

f:id:mossanmaster:20170831213849j:plain

 

 下段のお花は水色虹の七色に加えかな子ちゃんのイメージカラーであるピンクの合計9色のカラフルなお花をとにかくボリューミーにアレンジしていただきました。これにより「おかしな国のおかし屋さん」を歌う2人が創り出す色とりどりの魔法の世界が広がっていく景色を表現しました。

 かな子ちゃんの見つけたオリジナルの魔法である「どんな人でも幸せにするすべてのお菓子を詰め込んだような甘い魔法」。この最高の魔法をお花でどのように表現するか考えたときに、すべての色を含んだ虹色であれば、きっと誰もが好きな色があると思い、このような形になりました。

 以下に下段に盛り込んだお花の紹介を記載します。

 

f:id:mossanmaster:20170831214124p:plain

 

赤のガーベラ

 深い赤の色合いがとても綺麗ですね。花言葉は赤のガーベラの「チャレンジ」に加えガーベラ全体の「常に前進」を込めました。かな子ちゃんの、Pと出会い「私の笑顔で誰かを幸せにできるなら……」とアイドルへの一歩を踏み出したことや、モバマスにおける温泉の[桜色の華姫]や水着の[スイートサマータイム]、そしてデレステSSR[ドルチェ・クラシカ]で描かれたかわいくなるための自分磨き。また大坪さんも福岡公演ではかな子ちゃんといっしょにセンターに立ち、シンデレラ以外でも今年は初の舞台出演や作詞活動への挑戦をされてきました。このようにこれまでたくさんのチャレンジに臨んできた2人がこれからも様々なことに挑戦し、どんどん新しい可能性を開拓していって欲しいといった想いを込めました。

 

オレンジのガーベラ

 オレンジのガーベラは「冒険心」、そしてこちらも「常に前進」の花言葉を込めました。昨年10月に公開された声優図鑑の大坪さんのインタビュー記事を読んでもわかるように、本当に様々な方面にたくさんの興味を持つ大坪さんにぴったりな花言葉だと思います。そしてこれからも、かな子ちゃんと共にたくさんの冒険を経験しながら前に進んでいって欲しいという想いも込めました。

 

黄色のガーベラ

 黄色のガーベラの花言葉は「優しさ」、「親しみやすい」。周りの方々を気遣う気持ちや、誰にでも話かけて仲良くなる一面を持つ2人にぴったりな花言葉です。オレンジのガーベラや後述のヒマワリと合わせてビタミンカラーが全体に本当に明るい印象を与えてくれました。

 

水色のガーベラ

 青系のガーベラは自然に咲いているのではなく、白のガーベラに色水を吸わせて色を付けるのですが、写真のように本当に神秘的で綺麗な色に染まります。個人的にもかなり大好きな色合いです。こちらは色別の花言葉というよりはガーベラ全体の花言葉である「希望」の意味を込めました。また水色のガーベラはそのさわやかな色合いからヒマワリと相まって夏らしさが引き立ったのではないかと思います。

 

ピンクのトルコキキョウ

トルコキキョウは幾重にも重なるふわふわした花びらがとてもかわいいお花です。全体の花言葉はこちらも「希望」です。特にこの3色はお花屋さんに打ち合わせに行った際に実際に見て色合いが本当に綺麗で個人的にかなり気に入ったので盛り込みました。優しい緑やピンク、そして深い紫が非常に印象的な色合いです。またこのふわふわした見た目が2人の魔法を表すのにもぴったりだと思います。

 

白のトルコキキョウ

 トルコキキョウの中でも白の花言葉は「楽しい語らい」です。デレステのショコラ・ティアラの解禁コミュであるストーリーコミュ第13話 「Sweets Party!!」で特に描かれたように、おいしいお菓子を食べながらたのしくお話をする中で相手の良いところを見つけるかな子ちゃんにぴったりな花言葉です。

 

オレンジのバラ

 上述の虹の橋に盛り込んだバラの中から特に伝えたい想いの花言葉の色を下段にも盛り込みました。元々メインのお花はガーベラとトルコキキョウの2種類にしようかと考えていたのですが、バラもメインで入れたほうが綺麗なアレンジになるとお花屋さんからアドバイスをいただいたため、この3種類のお花をメインに据えました。

 

黄色のヒマワリ

 1年で最も綺麗に咲く今が旬のお花も盛り込みたいと思い、ヒマワリを黄色要素としてガーベラと共に盛り込みました。やっぱり夏と言えばこのお花ですね。ヒマワリの花言葉はたくさんありますが今回は「憧れ」の意味を込めました。かわいい女の子に憧れていたかな子ちゃん。アイドルマスターに憧れていた大坪さん。そんな2人が夢を叶えその姿を見た誰かが新たな憧れを抱く。そんな憧れのバトンがこれからも繋がっていけばいいなという想いを込めました。

 

紫のスターチス

 今回のフラスタを作製するに辺り、お花の種類や花言葉などの知識を広げたいと思い、友人と本屋さんにいった際に購入した花図鑑を読んでいて見つけたお花です。この紫の花弁のように見える部分は実はお花ではなく「苞(ほう)」と呼ばれるつぼみを包んでいた葉とのことです。花言葉は「変わらぬ愛」。私たちから2人への「ずっと大好き」な気持ちをたくさん込めました。

 

黄色のクラスペディア

 こちらも花図鑑で見つけたお花その2です。木琴のバチのようなまん丸でかわいい黄色のお花です。花言葉は「永遠の幸福」。幸せの象徴であり、彼女たちが幸せなことでたくさんの人を幸せにする2人が、これからもずっと幸せであって欲しいといった想いを込めました。

 

 2人の魔法が広がっていく様子を表現するために、アレンジの周りに余韻を持たせるようにカスミ草を配置していただきました。元々は白のみの予定だったのですが、お花屋さんと打ち合わせをする中でバラやガーベラのようにカスミ草も色水で染めることができるのを知り、メインのお花に合わせ色とりどりに仕上げていただきました。

 

 以上が下段に盛り込んだお花です。今回はピンクと白に限らず色の縛りをなくしたため、今までずっと胸の中にあったたくさんの想いを今まで以上に込めることができました。

 また全てのお花の種類と色を指定させていだいたのですが、それぞれを盛り込むバランスはお花屋さんにおまかせさせていただきました。その結果これだけの種類や色にもかかわらず、それぞれのお花が見事に調和し、本当に綺麗かつ上品にまとめていただきました…!いつも最高の出来栄えに仕上げてくださるアンドフラワーさんのプロの業には本当に感服いたします…!上段と合わせて今回も最高に素敵なアレンジを本当にありがとうございました!!

 

 

5. 連名ボードについて

f:id:mossanmaster:20170831215108p:plain

 

 連名ボードの方もイラストボード同様、私の友人にデザインをお願いさせていただきました!「おかしな国のおかし屋さん」の世界にも登場し、かな子ちゃんの見つけたオリジナルの魔法の核とも言える「大きなお菓子の家」がモチーフとなっています。

 SWNのイベントコミュのセリフに登場する「クッキーの壁」、「チョコレートのドア」、「カロンのドアノブ」を再現していただき、背景は[メルティスイート]特訓後のイラストにあるピンクのグラデーションが綺麗な空に、同カードのセリフに出てくる「コンペイトウのお星様」をたくさん散りばめていただきました。

 そしてオリジナルの魔法の核であるこのお菓子の家を色とりどりの魔法を表現した下段のお花の中心に配置し、そこに私たちの名前を載せることで、2人の最高の魔法に私たちが包まれている様子を表現しました。

 イラストボードのデザインと合わせ、最高に2人らしい素敵なデザインを本当にありがとうございました!

 

 またイラストボード、連名ボードは今回も雪季さんに印刷をお願いさせていただきました。いつも最高の仕上がりに印刷していただき、本当にありがとうございます…!!

 

 

6. もう一つのメッセージ

 ここまで今回のフタスタに込めた想いやこだわりの全てを紹介してきましたが、もう一つ、このフラスタ全体に込めたメッセージがあります。

 

 今回のツアーにおいて石川公演では「たくさんの想いの詰まったプレゼント」をテーマに、「想い」という名のたくさんの「魔法」が詰まった色とりどりの「お菓子」に見立てたお花を贈り、今回のフラスタの下段では甘い「お菓子」を食べたときのような誰もが幸せになる、アイドルになったかな子ちゃんのかける色とりどりの「魔法」を表現しました。

 

f:id:mossanmaster:20170831215338p:plain

 

 また福岡公演では「ずっと変わらない2人の魅力」をテーマに2人の笑顔や幸せといったずっと変わらないたくさんの魅力をお花で表し、今回のフラスタの上段ではその変わらない魅力がアイドルとしてステージ上でも花開いている姿を同じお花を用いて表現しました。そしてそこにアイドルになって抱いた「甘い夢」(ピンクのアスター)を加えました。

 

f:id:mossanmaster:20170831215417p:plain

 

 このように「魔法」を込めた「お菓子」が、アイドルになってから彼女のかける「お菓子」という概念の「魔法」に、ずっと変わらない魅力が、アイドルとしてたくさんの人を魅了する力に繋がっていることを、今回のツアーにおける3公演で贈らせていただいた3つのお花全てで表現しました。そしてここに「キミはアイドルになる前から魔法を込めた手作りのお菓子や、ずっと変わらないふわふわした最高の笑顔で身近な人を幸せにしていたんだよ。」と、かな子ちゃんへのメッセージを込めました。

 

 「お手本よりたくさん イチゴのせたショートケーキ こんな風にきっと なりたかった」。[ドルチェ・クラシカ]ではそんなずっと抱いていた「女の子の夢」を叶え、そしてSWNのコミュでは自分だけの「オリジナルの魔法」を見つけました。そんなかな子ちゃんがここからもうワンステップ次の階段を登るための鍵は、アイドルになる前の過去の自分を認め、さらなる自信に繋げてあげることなのではないかと考え、このようなメッセージを込めました。

 

 そしていつもにこにこ笑っていて、誰かを笑わせたいといった気持ちを常に感じる大坪さんもかな子ちゃんに大きく通ずるものがあり、出会うべくして出会ったのではないかと思っています。

 

 

7. 楽屋花に関して

f:id:mossanmaster:20170831215901p:plain

 

 今回は本当にたくさんの方々にご参加いただけたため、フラスタと一緒に楽屋花も贈らせていただくことができました!

 フラスタの上段に用いたピンクのバラ、ガーベラ、カーネーションアルストロメリアコチョウラン、アスター白のカスミ草をイラストボードの周りに包むようにアレンジし、下段に用いたのバラ水色のガーベラといった特に伝えたい花言葉のレインボーカラーのお花とをバスケットに敷き詰めることで、フラスタに込めた想いをギュッと詰め込みました。

 またこのお花の中でもピンクのバラはボードの周りに5本だけ象徴的に配置していただき、ここに5本のバラの花言葉「あなたに出会えて本当によかった」を込めました。これは福岡公演の直後、今の想いをどうにかしてお花に盛り込みたいと考えた時に思いついたアイディアです。2人からたくさんの情熱をもらい、今こうして最高に幸せなのは2人のおかげであり、本当に2人に出会えてよかったという大きな想いをこの5本のバラの花言葉に込めました。

 

 

8. プリザーブドフラワーについて

f:id:mossanmaster:20170831220300p:plain

 

 またフラスタと楽屋花に加え、手元に残るような今回の公演の記念品も贈りたいと思い、こちらのプリザーブドフラワーも公演当日にプレゼントボックスへ贈らせていただきました。

 上段の虹の橋に用いた7に、イングリッシュローズと呼ばれる種類のかな子ちゃんのイメージカラーであるピンクの複色のバラを加え、合計8本のバラを盛り込みました。こちらにも楽屋花と同様、フラスタに込めた想いをたくさん詰め込みました。

 またバラの周りにはカスミ草をアクセントとして敷き詰めていただき、その他にもパールやかわいい布やリボンで装飾し、本当に素敵に仕上げていただきました…!

 そして8本のバラ花言葉は「あなたの思いやりや励ましに感謝します」です。いつも2人の姿や歌声は私たちの励みになり、つらいときでも2人のことを思い出すだけでもう少しがんばろう、と前向きな気持ちになれます。そんな励ましや、いつもファンを幸せにしたいと願う2人の思いやりの気持ちへの大きな感謝をこの花言葉に込めました。

 

 

9. おわりに

 ここまで長々と書いてしまいましたが読んでいただきありがとうございました!ある程度削ろうかとも思ったのですが、せっかくなので今回のお花企画に関して本当に全部を書いたところ一万字を超える結果になりました…。

 

 今回は108人と今までを超える大変たくさんの方々にご参加いただき本当にありがとうございました!記念品のプリザーブドフラワーは実は元々贈る予定だったのですが、今回は楽屋花まで贈れたことや、ここまでフラスタをボリューミーで豪華にすることができたのは本当にご参加いただいたたくさんの皆様のおかげです。ここまで綴ったかな子ちゃんと大坪さんへのたくさんの想いが参加者の皆様の胸にもきっと存在していると信じて贈らせていただきました。参加者の皆様とのDMのやり取りの中で、「お金を払うだけですが」といった声もいただくのですが、私としては決してそんなことは思っておらず、この企画の参加ボタンを押していただくまでに存在する2人への大好きな想いが本当にうれしいですし、そんなひとりひとりの想いをなんとか形にして2人へお届けようと毎回尽力させていただいております。

 

 また今回はツアーということで大坪さんとかな子ちゃんがご出演される全ての公演において企画としてお花を贈らせていただきました。その一方で、いくつも企画を同時進行することが初めてだったため、複数の企画にご参加いただいた方への度重なるDMラッシュや、時期が近いことにより参加費のお支払期限が短くなってしまったことなど、参加者の皆様にはご迷惑をお掛けしてしまった点もあったかもしれません。そのため今後の改善のためにも何か気づいた点などがございましたらお気軽にご連絡いただけると幸いです。

 

 またイラストに関して石川、SSA公演を担当してくださったりんご(夏)さん、福岡公演を担当してくださったくえんさんさん、また石川公演のボードデザインや全ての公演のボードの印刷を行ってくださった雪季さん、そして今回全てのお花を作製してくださったアンドフラワーさんと、3公演に渡って作製に携わってくださった皆様にも感謝してもし尽くせません。本当にタイトなスケジュールの中、私の要望を全て叶えていただき、本当にありがとうございました…!

 

 また今回はかな子ちゃんと大坪さんの最高の魔法と最新の魅力をテーマに贈らせていただきましたが、4thLIVE SSA公演にて贈らせていただいたお花の階段の先を表現できたのではないかと思います。そして本当にたくさんの2人への想いや、6節に記載したかな子ちゃんへのもう一つのメッセージを、3公演で贈らせていただいた3つのお花と共に皆様とお届けすることができたことは本当にうれしく、最後まで無事やり通すことができた達成感でいっぱいです。

 またお花を贈っているうちに私自身も本当にお花の綺麗さに魅了され、お花自体がどんどん大好きになっていきました。最近は道に咲いているお花やお花屋さんを見かけると足を止めるようになっていたり、もっとお花の種類を覚えたいと思い花図鑑を買ったりと、わりとお花が趣味になりつつもあります…ww今回の3つの企画で贈らせていただいたお花に関しても、お花の綺麗さを魅せることには本当にこだわったため、こういったお花自体の魅力もたくさんの人に伝わればいいなと思っています。

 

 それでは重ね重ねとなりますが、今回のツアーにおいて3つのお花企画に携わてくださった全ての皆様、本当に本当にありがとうございました…!!今回も最高のお花を贈ることができたのは本当に皆様のおかげです。これからも、かな子ちゃん&大坪さんと私たちの間で「幸せの魔法」や「ありがとうの魔法」のかけあいっこがずっとずっとずっと続いていけばいいなと願っております。

 そしてツアーファイナルでは初の単独ドーム公演である6thLIVEが発表されましたね!こちらの公演にかな子ちゃんと大坪さんがご出演される際にはまた素敵なお花を贈りたいと考えておりますので、その際にはまたご協力いただけるとうれしいです!今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!

 

 2017/8/31

もっさん

 

 

シンデレラガールズ5thLIVE TOUR 福岡公演 大坪さん&かな子ちゃんお花企画について

 シンデレラガールズ5th LIVE TOUR Serendipity Parade!!! 福岡公演お疲れ様でした!!今回同ツアーの石川公演に引き続き、大坪さん、かな子ちゃんのライブへのご出演をお祝いしたくさんの想いを届け応援したいと思い、有志一同より楽屋花を贈らせていただきました!(企画のツイプラはこちらです→http://twipla.jp/events/262773)

 

 このページでは、贈らせていただいた楽屋花に込めたたくさんの想いやこだわりなどを綴っていこうと思いますので、お付き合いいただければ幸いです。

 

◎はじめに

f:id:mossanmaster:20170811210917j:plain

 

f:id:mossanmaster:20170811211004j:plain

 

  今回は「ずっと変わらない2人の魅力」をテーマに、最高の笑顔でケーキを食べる2人から溢れるたくさんの幸せをピンクと白を基調としたボリューミーなお花で表現しました!2人らしい花言葉のお花を中心に盛り込み、そこに私たちからの想いもたくさん詰め込みました。

 

 

◎お花について

 今回の全体のテーマが「ずっと変わらない2人の魅力」であるため、お花の方はこれまで私が主催のお花企画にてずっと盛り込んできた2人らしい花言葉の種類を中心に使用しました。2人らしさということで色もいつものようなピンクを基調にまとめていただきました。以下に盛り込んだお花や花言葉に関して紹介します。

 

f:id:mossanmaster:20170811211315p:plain

 

ピンクのガーベラ

 今回込めた花言葉は「感謝」、「常に前進」です。モバマスデレステのSR[ふわふわスマイル]の特技「ありがとうの魔法」に代表されるようなPやファン、仲間へのたくさんの感謝の想いを持つかな子ちゃん。そしていつも様々なところで「応援してくださるファンの皆さんのおかげ」といったような感謝の言葉を口にしてくださるのが印象的な大坪さん。そんな2人の感謝の想いはずっと変わらない大きな魅力の一つだと思っています。そしてこの花言葉には私たちからのたくさんの感謝の想いも込めました。また「常に前進」もいつも笑顔で前を向いて歩いて行く2人の姿にぴったりの花言葉だと思います。

 

ピンクのカーネーション

 カーネーション花言葉は「無垢で深い愛」、そしてピンクになると「あたたかい心」、「感謝の心」も加わります。2人からいつも感じるみんなを笑顔にしたいといった想いはたくさんの人に対する紛れもない「」であり、そんな「あたたかい心」も2人の変わらぬ魅力だと思います。さらにこの言葉には私たちの2人への大好きな想いも込めました。

 

ピンクのバラ

バラ全体の花言葉は「」、ピンクになると「幸福」、「感謝」も加わります。そこにいるだけで周りを笑顔の絶えない「幸せ」な空間で包み込むムードメーカーな一面は2人ならではの本当に大きな魅力です。また今回はそんな2人の幸せを表現するような幾重にも花びらが重なったふわふわした品種である「フェニックストワ」、「イブピアッチェ」、「ピンクイブピアッチェ」を使用していただきました。

 

ピンクのアルストロメリア

 こちらはずっと盛り込んでいる大坪さんの誕生花(6/11)です。花言葉は「気配り」、「幸福な日々」です。「気配り」はいつも全体に目を配り細かなフォローをする大坪さんの素敵な一面を表し、そしてそういったところが私たちファンだけでなく一緒にステージに立つキャストの方々やスタッフさんも笑顔にしているのではないかと思っています。また「幸福な日々」には、いつも大変お忙しい毎日をお過ごしかと思いますが、イラストのような笑顔溢れる一時がこれからもずっと続いて欲しいといった想いを込めました。

 

ピンクのコチョウラン

 こちらはかな子ちゃんの誕生花(1/6)です。花言葉は「幸せが飛んでくる」。幸せの象徴であるかな子ちゃんと彼女を演じる大坪さんにこれからもたくさん幸せが訪れて欲しいといった想いを込めました。また今回はフラスタで用いるものとは異なりミディサイズの品種を盛り込みました。小さいサイズでも「お花の女王」だけあってかなり華やかさがプラスされたと思います。

 

白のカスミ草

 こちらのお花も毎回アクセントとして盛り込んでいます。花言葉は「幸福」や「感謝」。上述のようにこちらも2人にぴったりであり、アレンジ全体にふわっとした印象をプラスしていると思います。

 

 以上のようなずっと変わらない2人の魅力や私たちからのたくさんの想いを詰め込んだお花を、イラストボードをドーム状に包み込むようにボリューミーにアレンジしていただきました!お花屋さんより送られてきたお写真を見た瞬間、自分でも予想以上のボリュームに本当に圧倒されました。石川公演に引き続き、今回も幸せ溢れる素敵な楽屋花を作製していただいた…and flowerさん、本当にありがとうございました!!

 

 またドーム状のため実は後ろから見てもかなりボリューミーですごいことになっていたりしています!↓

 

f:id:mossanmaster:20170811211402j:plain

 

 

◎イラストについて

f:id:mossanmaster:20170811211516p:plain

 

  今回のイラストはくえんさんさん(@citricacid765)に、ケーキ屋さんでケーキを食べる2人を本当にかわいく素敵に描いていただきました!

 

 今回のテーマである2人の変わらない魅力と言えば、2人自身が幸せなことで周りも幸せにするところだと思うので、最高に幸せな2人はどんなときだろうと考えました。その結果、やはり甘いものを最高の笑顔で食べているときだと思い、そして大坪さんが1stLIVEのパンフレットにて、「休みの日にかな子ちゃんとやりたいことは?」といった質問に対し「一緒にケーキ屋巡りをしたい」と語っていたため、その想いをイラストの中で叶えたいと思いこのような形となりました。

 

 私の中でかな子ちゃんと大坪さんはめちゃくちゃ仲の良い姉妹のような関係だと思っているので、最高の笑顔でケーキを頬張るかな子ちゃんを妹を見る姉のような優しい微笑みで見守る大坪さんといったような構図で描いていただきました。

 

 またかな子ちゃんのお衣装は最高のふわふわした笑顔ということでSR[ふわふわスマイル]特訓前の私服にしていただきました。また大坪さんの方はかな子役としてイベントにご出演されたときに着ていた薄いピンクのかな子ちゃんらしさ溢れるお衣装にしていただきました。

 

 さらに実はかな子が頬張っているのは石川公演のおかしな国のおかし屋さんで登場した特注のレモンタルトだったりします。そして大坪さんの方は2人の原点であるショコラ・ティアラのジャケットのかな子が持っているショートケーキです。またテーブル上のガラス製のティーセットはデレステSSR[ドルチェ・クラシカ]特訓前のかな子の部屋のテーブルにあるものをモチーフにしていただきました。

 

 このように今回のイラストは私が作成した資料を見ながらくえんさんさんと綿密な打ち合わせを行ったことで、私の脳内映像を完璧に描いていただきました…!打ち合わせの後ラフをいただいた時点でイラストから溢れるあまりの幸せに私は少し泣きました。完成したイラストも参加者の方から「こんな2人のイラストを待ってた」といったお言葉もいただくことができ本当にうれしかったです!改めまして、今回は本当に素晴らしいイラストをありがとうございました!

 

 また文字の装飾などは私の友人にハートをあしらった幸せ溢れるデザインしていただきました!こちらも本当に2人らしいかわいい仕上がりとなりました!

 

 そしてこの幸せが詰まったイラストボードと、ふわふわしたボリューミーなお花が合わさることで、2人から溢れるたくさんの幸せが創り出す、最高に幸福な空間を表現できたのではないかと思います。

 

 

◎連名ボードについて

f:id:mossanmaster:20170811211838p:plain

  

 イラストボードがケーキ屋さんでのシチュエーションを描いていただいたため、今回の連名ボードはよくケーキ屋さんやカフェの前にある黒板風の看板をイメージしてデザインしていただきました!(本日のおすすめケーキとかが書いてあるあれですね。)

 

 デザイン的に背景が暗めの色となってしまうため、装飾はなるべく暗いイメージとならないようにカラフルに仕上げていただきました。また「大坪さんのファン&~」の右上のロールケーキっぽいお菓子は福岡公演にちなんで「小倉日記」と呼ばれるクリームの入ったミニバウムクーヘンのようなお菓子を配置していただきました。

 

 

◎終わりに

 ここまで長々と書いてしまいましたが読んでいただきありがとうございました!今回の大坪さんとかな子ちゃんがセンターに立った2人にとって特別な公演に、私たち有志一同よりたくさんの想いの詰まった素敵な楽屋花を贈ることができ感無量です…!この公演に関わった全ての人を笑顔にしたいといったような今回のお花のテーマであるずっと変わらない魅力をセンターに立つ2人の姿から感じ、やっぱりそんな2人が大好きだと改めて思いました。

 

 改めまして、今回ご参加いただいた66人と本当にたくさんの方々、たくさんの幸せ溢れるイラストを描いてくださったくえんさんさん、ボードを綺麗に印刷してくださった雪季さん、そしてボードと一体となった最高のアレンジに仕上げてくださった…and flowerさん、本当に本当にありがとうございました…!

 

 さて、長いようで短かった5thLIVE TOURの終着点であるSSA公演が明日からいよいよ始まりますね!こちらでは2人の最新の魅力を表現したフラワースタンドとなる予定ですので、私自身完成を見るのが本当に楽しみです!こちらの企画にもご参加の皆様は引き続き最後まで全力で走り抜けようと思いますので、どうぞよろしくお願いします!

 

 2017/8/11

もっさん

 

 

 

 

シンデレラガールズ5thLIVE TOUR 石川公演 大坪さん&かな子ちゃんお花企画について

 シンデレラガールズ5th LIVE TOUR Serendipity Parade!!! 石川公演お疲れ様でした!!今回、大坪さん、かな子ちゃんのライブへのご出演をお祝いし、たくさんの想いを届け、応援したいと思い、お花企画にて有志一同より楽屋花を贈らせていただきました!(企画のツイプラはこちらです→http://twipla.jp/events/252746)

 このページでは、贈らせていただいた楽屋花に込めた想いやこだわりなどを紹介していこうと思いますので、もしご興味がありましたら、お付き合いいただければ幸いです。

 

◎はじめに

f:id:mossanmaster:20170601212230p:plain

 

f:id:mossanmaster:20170601212313p:plain

 

 今回は「たくさんの想いの詰まったプレンゼント」をコンセプトに、色とりどりのお菓子がたくさん詰まっているバスケットのようなお花を目指しました!

 バスケットの表面にたくさんの色のお花を敷き詰めることで、ボックスフラワーのようにプレゼント感をかなり出すことができ、そして楽屋花だからこそのアレンジにすることができたと思います。

 また今年の2月にブールミッシュさんとコラボした、大坪さんプロデュースのかな子ちゃんからのバレンタインプレゼントの企画がありましたが、今回のお花にはそのお返しの想いも込めました!

 そのため所々バレンタイン企画の要素が盛り込まれておりますので、それに関しても紹介していこうと思います。

 

 

◎お花について

 今回のアレンジも、今まで何度もお世話になっている…and flowerさんにお願いさせていただきました!「感謝」や「幸福」、「希望」の花言葉を中心に、私たちからのたくさんの想いをこのバスケットの中に詰め込みました。また今回はカラフルなマカロンやゼリーといったような、色とりどりのお菓子の詰まったバスケットをイメージし、お花の色もかな子ちゃんのパーソナルカラーであるピンクはもちろん、といったようにレインボーカラー風にしました。そしてこの虹色は大坪さんの好きな色でもあります。

 また今回盛り込んだお花を以下に紹介します。

 

f:id:mossanmaster:20170601212827p:plain

 

ピンクのガーベラ

 ガーベラの花言葉は「希望」、「常に前進」。さらにピンクだと「感謝」も加わります。初めて2人にお花を贈ったサマフェス大坂のときから盛り込んでいるお花です。これらの花言葉は、常に前向きかつ、周りの方々への感謝の気持ちを忘れないかな子ちゃん、大坪さんにぴったりだと思います。そして私たちからの2人への感謝の気持ちや、これからもずっと先へ先へ進んでいって欲しいといった想いも込めました。

 

黄色のガーベラ

 花言葉はガーベラ全体のものに加え、黄色では「優しさ」、「親しみやすい」が加わります。こちらも誰にでも自分から積極的に話しかけ仲良くなる、かな子ちゃんらしい花言葉ですね。またライブの際に緊張しているメンバーを笑わせにいったりするムードメーカーな大坪さんにもぴったりな色だと思います。

 

赤のガーベラ

 こちらは赤色のお花をどうするか迷った際に、全体の花言葉と色合いからガーベラを選びました。個人的に赤のガーベラの深めな色がかなりお気に入りです。

 

濃いピンクのバラ

 ピンクのバラ花言葉は「幸福」、そして濃いピンクになると「感謝」も加わります。かな子ちゃんと言えば「幸せ」といったように、もちろんこの花言葉もぴったりですね。こちらもサマフェス大阪の頃からずっと盛り込んでおり、ピンクのガーベラと並ぶかな子ちゃんを象徴するお花の一つだと思います。自分自身が幸せであることで周りのみんなを幸せにするかな子ちゃん、そしてかな子ちゃんとしてのステージには「他の誰よりも自分が幸せ」といった気持ちで立つ大坪さんの2人に、私たちからも幸せをプレゼントしました。

 

青のバラ

 花言葉は「夢叶う」です。この花言葉を知ってから一度は使ってみたいと思いつつ、かな子ちゃんのパーソナルカラー的に今までなかなか使えなかったため、今回ついに使うことができてうれしかったお花の一つです。かな子ちゃんが願う夢であり、彼女が見せるたくさんの人を幸せにする夢である「甘い夢」。そしてデレステSSR[ドルチェ・クラシカ]で彼女が叶えた「女の子の夢」。そしてSPからアイドルマスターが大好きだった大坪さんの、モバマスがリリースされた際に抱いた絶対に声を当てたいという夢や、SSAでの単独公演の夢。これまでたくさんの夢を叶えてきた2人が、これからも夢を叶えていけるよう、この青のバラに想いを込めました。

 

緑のバラ

 こちらも以前からお花を調べているときに、色合いが綺麗だと思っていたお花の一つです。花言葉は「穏やか」。こちらもいつもふわふわスマイルなかな子ちゃんにぴったりですね。

 またバラ全体の花言葉の「」には、私たち全員からの2人への大好きな気持ちを込めました。

 

紫のトルコキキョウ

 トルコキキョウの花言葉も「希望」です。紫のお花はガーベラとトルコキキョウで悩んだのですが、幾重にも重なるふわふわの花びらが個人的に好きなのでこちらを選びました。

 

カンパニュラ

 花言葉は「感謝」。釣鐘型をした小さくてとてもかわいいお花です。こちらのお花も以前調べているときに見つけ、いつか使いたかったのですが、今回は楽屋花のため小さいお花でも目立つということと、ちょうど季節が合っていたということで盛り込むことができました。

 

ピンクのブルースター

 「ブルースター」という種類のお花のピンク色です。少しややこしいですね…ww5枚の花びらを持つ、かな子ちゃんがいつもつけている髪飾りの形に一番近いお花だと思っています。これまではプリザーブドフラワーに盛り込んでいたのですが、こちらも今回は楽屋花ということで小さいお花ながら盛り込むことができました。花言葉は「信じ合う心」。これまで一緒に歩んできた2人の絆を表し、そしてこれからもずっと2人が仲良く一緒に歩んで欲しいといった想いも込めました。

 

ホワイトレースフラワー

 繊細なレースのように小さな白い花が集まったかわいいお花です。花言葉は「感謝」。こちらは感謝の花言葉のお花を調べている際に見つけ、開花時期が5~6月とちょうど今回にぴったりだったため盛り込みました。

 

カスミ草

 花言葉は「感謝」、「幸福」。こちらも小さいくてかわいいお花です。よくアクセントとして用いられるお花であり、今回も全体的な華やかさをプラスしてくれました。

 

 以上が今回盛り込んだお花たちです。たくさんの「感謝」を始めとした私たちからの想いや、2人らしさをこれらのお花に詰め込みました。

 また虹色といっても、やっぱりパーソナルカラーであるピンクは強調したいと思い、ピンクのガーベラとバラは他のお花よりも若干上に浮かせ、少しだけ目立つようにしていただきました。

 またそれぞれのお花の種類や色のバランスは…and flowerさんにおまかせさせていただいたところ、本当に色鮮やかで素敵なアレンジに仕上げていただきました!今回も本当に素敵なお花をありがとうございました!

 

 

◎イラストボードについて

f:id:mossanmaster:20170601213433j:plain

 

 今回のイラストはりんご(夏)さんに本当に素敵にかわいくかな子ちゃんと大坪さんの2人を描いていただきました!

 

 お花の奥にボードを配置することで、2人がお花を見て驚き喜んでいる姿を描いていただきました。2人のそれぞれポーズや、目をキラキラさせている表情は、かな子ちゃん、大坪さんならこんなリアクションをするだろうなといった私の個人的なイメージからです。

 

 次に2人の服装ですが、大坪さんの方はコラボ企画のホームページに掲載されている写真の、ピンクのかな子感溢れるカーディガンにしていただきました。かな子ちゃんの方は、モバマスSR[メルティスイート]特訓前の私服です。かな子ちゃんの服装はバレンタインプレンゼントのパッケージで着ていた衣装と悩んだのですが、今回はライブの際、現地入りして楽屋にあった差し入れのお菓子を見つけて喜ぶ2人といったシチュエーションを考えていたため、それならばオフの服装の方が良いと思い、こちらを選びました。[メルティスイート]は4年前にちょうどバレンタインの時期にでたSRでもあるので、そういう意味でも今回のコンセプトにぴったりだと思います。

 

 柔らかいイラストのタッチから2人のふわふわ感が溢れていて、本当に大好きなイラストです!そして実は2人の身長差にもこだわって描いていただきました…!改めまして、本当に素敵なイラストをありがとうございました!

 

 また、背景や文字などは雪季さんにこちらもとっても素敵にデザインしていただきました!こちらのミント色の背景バレンタインプレゼントのボックスのデザインをイメージして作成していただきました。

f:id:mossanmaster:20170601213915j:plain

 

 「祝 ご出演」、「三村かな子様」、「大坪由佳様」の文字はバレンタインプレゼントの中身である、3色のハート型のマカロンをイメージして作成していただきました。

f:id:mossanmaster:20170601214055j:plain

 

 このように今回のイラストボードにはコラボ企画の要素をたくさん詰め込み、バレンタインプレゼントのお返しの想いを込めました!

 

 

◎連名ボードについて

f:id:mossanmaster:20170601214233j:plain

 

 今回の連名ボードは手書きのお手紙の便箋風に、こちらも同じく雪季さんにかわいく仕上げていただきました!バレンタインプレゼントの方にもかな子ちゃんからの手書き風のメッセージカードがありましたが、そこからこのアイディアをもらいました。一番上の行に「Thank you for your Valentine’s gift!!」とバレンタインプレゼントへの感謝の想いを添え、そしてお名前を手書き風のフォントで記載することで、このお手紙に私たち全員からのたくさんの想いをここにも込めました。

 

 また背景の便箋風のデザインも本当にかわいく、かな子らしさ溢れるデザインに仕上げていただきました。こちらに描かれているカップケーキ、マカロン、クッキー、ケーキ、バウムクーヘン2人に深く縁のあるお菓子となっております。

 

 イラストボード、連名ボードと共に、本当にセンスに素敵なデザインを、本当にありがとうございました!!

 

 

◎終わりに

 ここまで長々と書いてしまいましたが読んでいいただきありがとうございました!さて今回の石川公演ですが、私は2日間共に参加することができ、本当に最高のライブを経験させていただきました!特に「おかしな国のおかし屋さん」では、2人の作り出す最高に幸せな世界にずっとずっと居たいと思い、そしてこの気持ちが、2人のかける甘い魔法、2人の見せる甘い夢なんだと改めて実感しました。そんな最高の魔法をくださった2人に、今回のような感謝をはじめとしたたくさんの想いを込めたお花を贈ることができ、本当に良かったとライブの後に心から思いました。お花企画をやっていていつも思うのですが、この瞬間が、企画を行って本当に良かったと思う瞬間の一つでもあります。

 

 そしてそして、今回は本当に幸いなことに、アーリーウィングのマネージャー様のツイッターアカウントにて、贈らせていただいた楽屋花と大坪さんのツーショットまでアップしていただきました…!今回のお花と私たちの想いが無事2人の元に届き、そして喜んでいただくことができ、本当にこれ以上の幸せはありません…!!

 改めまして、今回ご参加いただいた57名と大変多くの方々、そして私の要望を余すところなく全て叶えてくださった、りんご(夏)さん、雪季さん、…and flowerさん、一緒にたくさんの想いを届けてくださり、本当に、本当にありがとうございました!

 

 そしてツアーも来週の大阪公演で前半戦が終了しますが、私の方ではSSA公演に向けたお花企画も立ち上げております!↓

 

twipla.jp

 

 こちらでも、かな子ちゃんと大坪さんにお花と共にたくさんの想いを届けられるよう、最後まで全力で突っ走っていこうと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします!!

 

 2017/6/1

もっさん

 

シンデレラガールズ4thLIVESSA公演大坪さん&かな子ちゃんお花企画について

 シンデレラガールズ4thLIVE TriCastle Story SSA公演お疲れ様でした!今回本公演にて大坪由佳さんと三村かな子ちゃんのご出演をお祝いし、たくさんの大きな想いを届けたいと思い、お花企画を主催し、フラワースタンドプリザーブドフラワーを有志一同より贈らせていただきました!(本企画のツイプラはこちらです→http://twipla.jp/events/202230)

 また今回贈らせていただいたお花には、本当にたくさんの想いを込めたため、ツイプラには少し書きましたが、その想いの全てをここに書いていこうと思います。お付き合いいただければ幸いです。

 

◎はじめに

f:id:mossanmaster:20161020192714p:plain

 

  今回のフラワースタンドは「2人が登ってきた、登っていく階段」を大きなテーマとし、「2人がこの先もずっと幸せでありますように」という想いをメインに込めました。まず階段ですが、これはデレステの[パステルピンクな恋]特訓前親愛MAXのセリフの「トップアイドルへの階段」という言葉から着想を得ました。ここからかな子と大坪さんが出会ってから今まで歩んできた道のりを階段に例え、フラスタの上段、連名ボード、下段を3つの「階段」のモチーフで統一しました。またメインに込めた想いは、大好きなかな子と大坪さんがこれからもずっと幸せに歩んでいって欲しいという単純でシンプルな願いからです。この想いの他にもあれこれ考えているうちにたくさんの2人への込めたい想いも出てきたためそれらについても後程書かせていただこうと思います。

 また今回はこのフラスタを見た人がひと目見て綺麗だと思うような、「お花を魅せる」ことにもかなりこだわったので、それに関しても交えつつ書いていこうと思います。

 

 

◎下段のお花について

f:id:mossanmaster:20161020001235p:plain

 

  今回のフラスタのモチーフである3つの「階段」のうち、まず下段のお花では「2人が今まで登ってきた階段」を表しました。メインに濃い&薄いピンクのバラを使用し、交互に重ねていくことでグラデーションにより階段を表現しました。また2人がこれまで登って来た階段であるため、バラの他にはかな子のパーソナルな部分を表す花言葉を持つお花を盛り込みました。今回盛り込んだ花言葉は自分の中でかな子を表現する言葉をいくつか挙げ、その中で見た目がかわいく、この時期に使うことのできるお花を選びました。それらに関して以下に紹介します。

 

f:id:mossanmaster:20161020001056p:plain

 

ピンクのカーネーション

 花言葉は「感謝」。[ふわふわスマイル]の特技「ありがとうの魔法」に代表されるように、かな子を語る上で欠かせないのがPや仲間、ファンのみんなへの感謝の気持ちです。彼女の「甘い魔法でみんなを幸せにしたい」という想いは、自分を支えてくれるPや仲間、応援してくれるファンへの感謝の気持ちが根本にあるものだと思っています。これに関してはデレステのSR[ふわふわスマイル]の特訓エピソードでも語られているので可能な方はぜひ見てみて下さい。

 

・白のアスター

 アスターの中でも「白」の花言葉は「信じる心」。「自信」の花言葉のお花を探していたのですが、なかなか今の時期に使えるお花がなかったので、似た意味のこちらのお花を使用しました。見た目もとてもかわいいですね。はじめは「何の取り柄もない」と言っていた彼女が、自分を信じてくれたPを信じ、そして何より自分を信じて歩いてゆく姿が、彼女の物語の大きな魅力だと思っています。Pを、自分を信じ、そしてみんなに甘い夢を見せたいと願い、パートナーとなったPとこれからも歩んでいく、といった姿が描かれたモバマスの[ワンダフルマジック]の想い出エピソード後編は私が本当に大好きなかな子の物語の一つです。

 

・マトリカリア

 花言葉は「楽しむ」。こちらも小さくてかわいいお花ですね。こちらは前回も用いましたが、18話で不安を乗り越えた後の「楽しめなきゃ、笑顔になれないよね」、22話で不安そうなクローネのメンバーにかけた「楽しんでいこう!」、そして最終回ラストシーンの「どんな仕事も楽しんでやろうって決めたから、どんなに不安でも」といったセリフからアニメでのかな子の成長のキーワードだと思っています。大坪さんもかな子のこの「どんなときでも楽しむ」というスタンスには大きな影響を受けたと2015年12月に発売されたシンデレラガールズ特集のリスアニ!のインタビューでも語っているので良かったらご覧ください。そして今回の企画のツイプラのページの一番上にも書いた、26話冒頭のホワイトボードに書かれた「どんな時でも 楽しむ事を 忘れずに♪ この場所で学んだ HAPPYの魔法です!」のフレーズは、おそらく大坪さんの字で書かれているのですが、これはまさにかな子と大坪さん2人が一緒に書いたメッセージだと思っています。

 

アイビー

 こちらはツタと葉です。今までたくさんのフラスタを見てきましたが、お花の他に葉などで緑成分を入れるとものすごく引き立つと思い採用しました。アイビーに込めた花言葉は「友情」そして「信頼」。

 まず「友情」ですが、これはPとの絆や仲間との友情を表現しました。Pとの絆はもちろん、今まで本当に多彩なユニットを組み、ドラマパートなどでは積極的にトークを回したり気遣ったりするかな子のコミュ力や誰とでも仲良くなれるところは彼女の大きな魅力の一つだと思っています。その最たるものとしてデレステのショコラ・ティアラコミュでは、スイーツパーティを一緒に開いて仲良くなり、いろんな子の笑顔からその子のいいところを学び、自分がより輝くための参考にするといった姿が描かれているので、見ていただけるとうれしいです。

 また「信頼」ですが、こちらはPとの信頼関係を表しました。かな子の物語では「アイドルとしての成長」と「Pとの絆」が主に描かれていると思っているのですが、その後者において、Pとの信頼関係を築く過程がモバマスの初回のアイプロや[メルティスイート]を始めとし、今まで様々なところで描かれました。アイドルとしての成長だけでなく、このPとの信頼を築く過程もかな子の物語の大きな魅力だと思っています。

 

 以上がかな子のパーソナルな部分を表すために用いたお花です。アイビーのような葉が主な植物にも花言葉があると知った時には少し驚きました。この他にも「魔法」などまだ盛り込みたい要素もあったのですが、時期や種類などの制約上盛り込むことができないお花もありました。それでもかなりかな子のパーソナルな部分を表現でき、かな子と彼女を演じる大坪さんがこれまで登って来た階段を表現できたと思います。

 また階段自体を表現したピンクのバラですが、濃いピンクの方には「感謝」の花言葉があるため、今までの歩みに対するありがとうの気持ちも込めました。

 さらにこれは裏話なのですが、かな子の魅力として幅広い交友関係があるので、上記に加え今で組んだユニットの様々なアイドルを表す花言葉のお花も盛り込もうとしました。一方、それでは造花をかなり使用してしまうため、季節がちぐはぐのお花が多くなり、お花本来の綺麗さを魅せるといった今回のコンセプトと矛盾してしまうとお花屋さんからアドバイスをいただいたため、今回は断念しました。それでもこの案も個人的にかなり気に入っているので、いつか盛り込みたいと思っています。

 

 

◎連名ボードについて

f:id:mossanmaster:20161020001441j:plain

 

 今回のフラワースタンドの3つの階段のうち2つ目を連名ボードにて「私たちもいっしょに2人と登ってきた階段」として表現しました。

 こちらのボードは前回に引き続きアッキさんに、本当に素敵に豪華にデザインしていただきました。全体的にシンデレラ感のある、幻想的な雰囲気でお願いさせていただきました。また階段の上にはこの企画に携わってくださった有志一同全員のお名前を掲載させていただき、その両横にこれまで大坪さんとかな子が2人で立ったステージの会場の写真を配置しました。かな子と大坪さん、2人の歩みとして欠かせないものがこれまでたくさん2人で立ってきたステージです。今回のテーマが2人の歩みだったので、なんとかその要素を入れられないかと思い、このような形を思い付きました。それぞれの会場とイベントは以下のようになっており、一番左下→右下→2段目の左→右…の順となっています。

 

・2012/12/28 ローソンイベント 新宿BLAZE

・2013/2/10 「ワンフェス2013冬」内ワンホビデレラジステージ 幕張メッセ

・2013/4/10 お願い!シンデレラ発売記念イベント 噴水広場

・2013/11/28 シンデレラガールズ2周年記念イベント 新宿ステーションスクエア

・2014/4/5,6 1stLIVE WONDERFUL M@GIC!! 舞浜アンフィシアター

・2015/2/22 Star!!発売記念イベント 横浜ベイホール

・2015/4/11 ANIMATION PROJECT 04&05(CI&凸)発売記念イベント サイエンスホール

・2015/8/23 SUMMER FESTIV@L 2015 大阪 グランキューブ大坂

・2015/8/29 アニサマ2015 2日目 さいたまスーパーアリーナ

・2015/9/13 Shine!!発売記念イベント 赤坂BLITZ

・2015/11/28,29 3rdLIVE シンデレラの舞踏会 - Power of Smile – 幕張メッセ

・2016/8/26 アニサマ2016 1日目 さいたまスーパーアリーナ

・2016/9/3,4 4thLIVE TriCastle Story 神戸公演 神戸ワールド記念ホール

 

 今まで様々な媒体でかな子をプロデュースしたり、これらのイベントへの参加や映像を見たりし、2人を応援してきたことで、私たちも2人といっしょにこの階段を登ってきました。また一番上の段の右側には「To be continued…」と記載し、この先も2人のステージは続いていく、という想いを込めました。 

 

 

◎上段のお花について

f:id:mossanmaster:20161020001642p:plain

 

 最後の3つ目の階段は「2人がこれから登っていく階段」を表現しました。土台として4段の階段を作成していただき、そこに最高に幸せな笑顔のかな子と大坪さんが手を繋ぎ、次の一段に足を掛け、登ろうとしているイラストを配置し、その周りを、「幸福」や「希望」などの花言葉のお花たちで包み込むことで、「2人がこれから登る階段のその先も、幸せに満ち溢れていますように」という想いを込めました。イラストに関しては後程紹介させていただこうと思います。

 またイラストの周りを包み込んでいるお花は個人的にかな子のイメージであるピンクと白を基調としました。ここに盛り込んだお花たちを以下に紹介します。

 

f:id:mossanmaster:20161020003224p:plain

f:id:mossanmaster:20161020003207p:plain

 

濃い&薄いピンクのバラ

 バラの中でも「ピンク」のバラの花言葉は「幸福」。ピンクのバラは最初にお花企画を主催したサマフェス大坂の楽屋花のときからずっと盛り込んでいます。また「濃いピンク」のバラになると「感謝」の意味合いも出てくるため、ここでも2人への「いつもありがとう」の想いを込めました。

 

・カスミ草

 花言葉はいろいろとありますが「幸福」の意味を込めました。白くて小さく、アレンジ全体をグッと引き立てるかわいいお花です。

 

・白のトルコキキョウ

 花言葉は「希望」。トルコキキョウ全体の花言葉が希望なので、今回は全体とのバランスを考え白を選びました。幾重にも重なるふりふりの花びらがとてもかわいく綺麗なお花です。

 

ピンク黄色のガーベラ

 ガーベラ全般の花言葉は「希望」。こちらのピンクのガーベラも最初の企画からずっと盛り込んできましたが、今回は黄色のガーベラも「笑顔」の意味を込め盛り込みました。これは私がかな子と大坪さんの最高に幸せそうな笑顔が大好きであり、ずっと2人に笑顔でいて欲しいという想いを込めたいと思ったためです。本当は花言葉が「笑顔」のお花を探していたのですが、なかなか見つからず、それなら笑顔を象徴する色である黄色のお花を使おうということになりました。ガーベラなのは単純に私が好きなお花だからです。

 

・白のバラ

 バラの中でも「白」の花言葉は「深い尊敬」。かな子の自分らしく前に進む心や、どんなときでも楽しむというスタンス、また大坪さんのシンデレラガールズはもちろん、それ以外でも様々なところで垣間見える、お芝居やステージ、トークなどお仕事へのこだわり、そして2人に共通する周りの人への細かな気遣い。これらたくさんの2人の素敵な一面に敬意を表し、この花言葉を贈らせていただきました。

 

ピンクのアスター

 「ピンク」のアスターの花言葉は「甘い夢」。まさにかな子にぴったりの花言葉ですね。見つけたときには絶対に使いたいと思いました。[ワンダフルマジック]で初めて登場し、その後もたくさんかな子のセリフの中で登場するこの言葉。これからも2人がたくさんの甘い夢を見て、それを叶え先へ進んでいって欲しい、そして私たちにもたくさんの甘い夢を見せて欲しいという想いを込めました。

 

ピンクのコチョウラン

 かな子の誕生花(1月6日)でもあり、花言葉は「幸せが飛んでくる」。今回のコンセプトにもぴったりであり、「お花の女王」とも呼ばれているこのお花をワンポイントとして盛り込むことでも、その存在感からかなり華やかさがプラスされたかと思います。

 

ピンクのアルストロメリア

 大坪さんの誕生花(6月11日)でもあり、込めた花言葉は「幸福な日々」、「持続」。まさに「Happy✕2 Days」がこの先もずっと、ずっと、ずっと続いて欲しいという想いを込めました。また上記のコチョウランと合わせ、誕生花という2人固有の要素を盛り込むことで、「2人に贈るお花」といった意味合いを強調しました。

 

 以上が今回上段に盛り込んだお花です。このようにたくさんの「幸せ」、「希望」やその他の様々な想いをお花に込め、2人のこの先に想いを託しました。

 また今回も想いを込める以外にも、フラスタ全体の見た目にもかなり重点を置き、パッと見でかな子と大坪さん宛のお花だとわかり、そして思わず綺麗だと思っていただけるよう、色使いやアレンジ全体のボリューム、美しさにもこだわり、お花屋さんに本当に素敵にアレンジしていただきました。前述した通りピンクと白を基調とすることでかな子らしさや彼女のかわいさ、優しさを表現しましたが、その中に入れた「笑顔」の黄色もかなり良いアクセントになったのではないかと思います。またこうして完成した姿を見ると、たくさんのお花達が2人のこの先を祝福しているようで、アクセントの黄色も未来を照らす光のように感じました。

 

f:id:mossanmaster:20161020003349j:plain

 

 また土台の階段の横をピンクのバラとガーベラ、アイビーで装飾し、「幸せと希望へ続く階段」といった意味を持たせました。ここで裏話なのですが、元々はこの階段の土台はお花を用いて形作る予定でした。ここにピンクのバラも盛り込んで「幸せへ続く階段」といった意味を持たせようと考えていたのですが、ボードの後ろのお花が隠れてしまってもったいないということと、無理にお花で形作らなくとも同じ意味を持たせられることからこのような形に落着きました。結果的により階段らしく、そしてお花本来の綺麗さをここでも魅せることができたと思います。

 

f:id:mossanmaster:20161020003647p:plain

 

 また階段には2人へ贈るレインボーローズのブーケを1つずつ配置しました。「」はモバマスの[クリーミィトライフル]の「キャンディーみたいな虹ですね♪」や、デレステの[ホワイトウィッチ]の「スイーツの虹、かかってー!」などかな子のセリフにも登場し、また大坪さんの好きな色でもあり、2人にかなり縁のある色だと思います。そしてレインボーローズの花言葉は「無限の可能性」。かな子のアイドルの物語、大坪さんの役者としての表現力、そして2人のステージではこれまで本当にたくさんの可能性を見ることができました。そして、ショコラ・ティアラの「虹のショコラ 集めながら これからも 歩いてく」の歌詞のように、無限に存在するかな子のアイドルとして、大坪さんの役者としての「可能性」を集めながら、これからもいっしょに階段を、そしてそれぞれの階段も登っていけますように、という想いをこのブーケに込めました。

 またレインボーローズと一口に言ってもその色味には様々あり、中にはパステル系の虹色もあったりしたのですが、遠くから見ても綺麗なように色彩のはっきりしたものを選びました。またレインボーローズとともにカスミ草、ピンクの千日紅もブーケに盛り込みました。カスミ草はこういったブーケのアクセントにもよく使われるお花でもあります。カスミ草には「幸福」、ピンクの千日紅には「変わらぬ友情」の花言葉を込め、ここにも2人がこれからもずっといっしょに幸せでありますように、という想いを込めました。またそれぞれのブーケのラッピングの色も、イラストで2人が着ている衣装の色にそれぞれ合わせ、かな子側をピンク、大坪さん側を水色にしていただきました。

 

 

◎イラストについて

f:id:mossanmaster:20161020003801j:plain

 

 今回のイラストは水野早桜さんにかな子と大坪さんを本当に素敵にかわいく描いていただきました。水野さんのイラストには3年前に出会い、そのときから水野さんの描くかな子の最高の笑顔が本当に大好きでした。そして今回のイラストでは2人が本当に幸せそうな表情で階段を登っているところを描いて欲しいと思っていたため、それならば水野さんしかいない!と思い依頼させていただきました。

 まず2人のポーズですが、前述の通り階段を登りながらこちらを振り向いており、奥側の手はずっと一緒に手を取り合って階段を登って欲しいという願いから繋いでいただき、手前側の手の上には2人の輝きの象徴である星を描いていただきました。この星は「Star!!」の歌詞の「一人に一コずつ抱えたこの煌めき」をモチーフにしています。

 また2人の衣装ですが、かな子が[ホワイトウィッチ]大坪さんが[メルティスイート]となっております。ホワイトウィッチの衣装は「白い魔女」をイメージしたものであり、魔法使いとして「甘い魔法」をかける最たる存在だと思い、かな子の衣装として選びました。また大坪さんのメルティスイートは、ゲーム内のこのカードの特技が「甘い魔法」であり、こちらも甘い魔法をかける存在としてはぴったりだと思い選びました。2人がこれまで階段を登ってきたことで、甘い魔法をかける存在となった「」を表したいと思い、2人の衣装はこのような形となりました。両方共構造がかなり細かい衣装なのですが、本当に細部までこだわりを感じ、最高のクオリティに仕上げてくださり本当にありがとうございました…!またライブ当日、ステージに登場した大坪さんがまさか今回イラスト内で採用したメルティスイートをモチーフの一部として使った衣装を着ているとは思わず、それに気づいたときには嗚咽が止まらなくなりました。結果的にこれ以上ない最高のチョイスになったと思っています。また大坪さんの髪型はかな子とステージに立つ時にだいたいしているまとめた感じの髪型にしていただき、2人の身長差も再現していただきました。

 また2人の表情ですが、「2人が幸せを分かち合っているような柔らかい最高の笑顔で笑いあっている感じ」と水野さんにお願いさせていただきました。これはコンプリートアニメファンブックのインタビューにて大坪さんが「かな子に一声かけるならなんと伝えたいですか?」という質問に対し「「今、幸せだね!」とかな子と一緒に共感したい気持ちが大きいです。」と答えていたので、その願いをイラストの中で叶えたいと思いました。このお願いに対し、かな子は私が前から大好きだった水野さんの描く最高の笑顔、そして大坪さんも本当に柔らかく最高の笑顔で描いてくださいました。また自分の中でかな子と大坪さんの関係は姉妹のようだと前から思っていたので、にっこり笑ってるかな子に対し、本当に柔らかく微笑んでいる大坪さんがまさにそれで、お願いさせていただいたことを更に上回る、至高の表情を描いていただき本当に感無量で、ラフを見た時点で泣き、完成形を見たときも本当に号泣してしまいました。本当に、最高のイラストをありがとうございました!!

 

 また「祝ご出演~」やお二人のお名前のデザインも連名ボードと同様アッキさんにお願いさせていただきました。「祝ご出演~」はこちらもライブのロゴのようなシンデレラ感に加え、サマフェス大坂やShine!!リリイベで着ていたマイファーストスター、3rdLIVEや今年のアニサマで着ていたクリスタルナイトパーティの衣装のときにつけていたティアラをモチーフに作成していただきました。SSA公演でもクリパ、そしてアクロスザスターの衣装のときに同様のティアラをつけていましたね。全員形の違うこのアイドル固有のティアラは、かな子と大坪さん2人だけの輝きの象徴だと思っています。

 またお名前はそれぞれの衣装で登場したクルクルワンドステッキをモチーフに作成していただきました。それぞれのステッキから魔法のようにお名前が出てきているイメージで、とてもかわいく仕上げていただきました。連名ボードとともに、本当に豪華で素敵な最高のデザインをありがとうございました!!

 

 

◎チュールについて

 今回階段の横とフラスタの足の部分にはチュールを施しました。こちらは某布屋さんに行きたくさんあるチュールの中で30分くらい悩んで選んだものなので簡単に紹介したいと思います。

 

f:id:mossanmaster:20161020003954j:plain

 

 まず階段の横に使ったチュールですが、ラメ入りのものを使用することでアイドルとしてのきらきらを表現できればいいなと思いました。ラメ入りのものの種類もたくさんあったのですが、あんまりギラギラしているものだと逆に目立ってしまって良くないと思い、いい感じにきらきらしているものを選びました。色は階段が白だったためその逆のピンクにしました。

 

f:id:mossanmaster:20161020004035j:plain

 

 またフラスタの足元のチュールにはピンクドット柄のものを使いました。これでお分かりの方もいると思いますが、かな子の初期衣装である「ピンクドットバルーン」をモチーフとしています。「2人が登ってきた階段」の一番下に、かな子の「原点」である衣装をモチーフとしたこのチュールを配置しました。またSSA公演での大坪さんの個別衣装のもう一つのモチーフが、おそらく「ピンクドットバルーン」なのですが、このフラスタにおける「原点」と「今」を同様の2つの衣装をモチーフに表しており、あの衣装も同じ意味であのような形になったのかどうかかなり気になっています…。

 

 

◎もう一つの想い

 ここまでこのフラスタに込めた想いやこだわりを全て書いてきましたが、もう一つだけ、このフラスタ全体に込めた想いがあります。

 上段に配置した2人へ贈るブーケのレインボーローズはそれぞれ5本となっています。バラは本数によってその花言葉も変わるのですが、5本の花言葉は「あなたに出会えて本当によかった」。

 またこのフラスタ全体で「ピンクのバラ」を実はぴったり99本盛り込んでいただきました。99本のバラの花言葉は「永遠の愛」。

 これら2つの花言葉を組み合わせ、「M@GIC☆」の「ここでめぐり逢えた ずっと大好きなキミに」をこのフラワースタンド全体に込めました。

 かな子をプロデュースし、大坪さんを応援していく中でもらったたくさんの「幸せ」、「笑顔」、「情熱」、そしてなにより今2人を「大好き」な気持ちを、これからもずっとずっとずっと胸に秘めて2人を応援して行きたい、応援していきます、そんな想いを込めました。

 またこのメッセージは、この企画に携わってくださった私たち有志一同ひとりひとりの2人を大好きな想いを集めた、とてもとてもたくさんの大きな想いがあるからこそ贈れるものだと思っています。

 この企画にただご参加いただいただけではなく、参加するためにツイプラのボタンを押すに至った過程に必ず存在する、参加者の方々の2人を大好きな想いをどうにか形にしたいと思いました。

 そして何より私自身、2人のことがずっと大好きです。私たち有志一同からの本当にたくさんのこの大きな想いが、2人に届いていれば本望です。

 

 

プリザーブドフラワーについて

f:id:mossanmaster:20161020004211j:plain

f:id:mossanmaster:20161020004232j:plain

 

 また今回もフラワースタンドに加えプリザーブドフラワーも当日プレゼントボックスへ有志一同より贈らせていただきました。こちらは5本のバラ(レインボー、濃いピンク、白)、カスミ草、ピンクの千日紅、そしてかな子の髪飾りにもっとも良く似たお花だと思っているピンクスターを一輪盛り込みました。このプリザーブドフラワーにはフラスタに込めた想いをギュッと詰め込みました。上述したフラスタ全体に込めたメッセージも、5本のバラとカスミ草の「永遠の愛」を組み合わせることで込めました。その他の花言葉に関しては既に解説しておりますので省略します。今回のフラスタに込めた有志一同からのたくさんの想いを、お手元に置いていただけていればと思っております。

 

◎終わりに

 ここまで長々と書いてしまいましたが読んでいただきありがとうございました!本当に長くなってしました…。

 4thLIVEの出演者が発表された5/18にすぐ企画のツイプラを立て、それからというもの、本当にお花のことを考えなかった日がなかったくらい、ライブまでの約5ヶ月感、ずっとずっと毎日このフラスタのことを考え続けていました。なかったくらいというかありませんでした。今回のメインテーマである「階段」を思いついたのがいつだったかもう忘れてしまったのですが、そこから考えていくうちにどんどんといろいろなアイディアが思い浮かび、思いついた瞬間iPhoneのメモ帳にメモり、それをパワポで資料にまとめ、お花屋さんと合計4回の打ち合わせを経て、このような形となりました。考えていくうちに本当にあれも、これもとなっていき、かなり迷走するときもあったのですが、そうなったときは「2人に喜んでもらうにはどうすればいいか」といった原点の考えに立ち返り、あれもこれもとなるエゴを抑える自分との戦いになったりもしました。その結果、お花屋さんからのアドバイスもあり、かなりアイディアが洗練され、全体としてのまとまりも本当に良くなったと思います。

 また前回の3rdLIVEの際に企画したフラスタ(http://mossanmaster.hatenablog.com/entry/2015/12/02/210501)では「今までの集大成」をテーマに作成したため、あのときできることは全てやりきりました。それでも今回はまず「前回を超える」という考えをバッサリ捨て、自分はどんな想いを伝えたいのか、どんなものを見せたいのかを考えていくうちに、次から次へと想いやアイディアが溢れ、このような形となりました。今でも前回を超えたとは思っていません。SSA公演の最後の挨拶で福原さんが言っていたように、「最高と特別は作っていくもの」であるため、前回のフラスタも最高であり特別で、今回も、新たな最高で特別なフラスタになったと思っています。もちろん、サマフェス大坂、4th神戸公演で主催させていただいた楽屋花も、最高であり特別です。

 また今回は、というか今回もなのですが、想いを込めるだけではなく、上述の通りパッと見た時の印象にもかなりこだわりました。見た目が本当に綺麗だと思うお花を花言葉と共に選んだり、選んだお花を実際にお花屋さんの前を通りがかったときに見たりと、その過程も本当に楽しく、私自身、どんどんとお花の魅力に取り憑かれていきました。また最後の最後でお花屋さんにアレンジ全体のボリュームアップと、お花ひとつひとつのクオリティアップをお願いしたこともあり、見ただけでかな子と大坪さんへのお花だとわかるような、とても美しいフラスタになったと思います。本当に最高のフラスタに仕上げていただき、本当にありがとうございました!当日実際にお花を見ていただけた方や、ツイッターにアップしたお写真を見ていただけた方からもたくさんお花の感想をいただきました。そしてこの企画に参加できてよかった、また機会があれば参加したいといったお言葉もいただくことができ、本当に感無量です。ちなみに私自身も当日このフラスタを見た瞬間あまりの素晴らしさに膝から崩れ落ちました。

 また今回のフラスタに込めたメインの想いである「2人の幸せを願う気持ち」を思いついた後に、上述した大坪さんのインタビューでの言葉や、神戸公演の最後のあいさつで言っていた「幸せを与える側も幸せなんだと思った」といった言葉、3rdLIVEの円盤のオーディオコメンタリーでの「かな子としてステージに立つときは誰よりも自分が幸せという気持ちで立つ」といった言葉を聞き、今回のフラスタに込めるこのメインの想いもどんどんと大きくなっていきました。この想いを始めとした私たち有志一同からのたくさんの大きな想いが2人に届き、喜んでいただければこれ以上の幸せはありません。

 またご参加いただいた101人と大変多くの方々、制作にご協力いただいた水野さん、アッキさん、雪季さん、アンドフラワーさん、本当に皆様のご協力がなければ今回の企画は存在しません。本当に、本当にありがとうございました。

 それでは、ここらへんで筆を置こうと思います。私は本当に、かな子と大坪さんがずっと大好きです。Future Castleで新たな一段を踏み出した、2人の未来をこれからも応援し続けます。今回のお花は、2人のライブへのご出演だけでなく、そんな2人の新たな門出をお祝いするのにも相応しいお花になったと思っています。

 また今後も2人がステージに立つ機会があればこのような企画を立ち上げたいと思いますので、その際にはご協力いただけると幸いです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

 

 2016/10/20

もっさん

 

 

「おかしな国のおかし屋さん」はかわいいだけが魅力じゃない!

・はじめに

 アイドルマスターシンデレラガールズに登場するアイドルの一人、三村かな子ちゃんのソロ2曲目である「おかしな国のおかし屋さん」。様々な童話が入り混じった「おかしな国」で繰り広げられる、ちょっと「おかしな」物語が描かれたこの曲。一見するとファンタジックな世界観がとってもかわいい曲ですが、ただそれだけではなく、かな子のこれまでのアイドルとしての道のりや、パーソナルな部分がギュッと詰め込まれた曲だと個人的には思っています。そういったこの曲のさらなる魅力を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思い、今回筆を取りました。あくまで私個人の解釈ですが、お付き合いいただければ幸いです。

 

・かな子の物語について

 まずこの曲を語る上で欠かせないのが「かな子が今まで歩いてきた道のり」です。私の中のかな子の物語を大雑把に書くと、Pがかな子をスカウトし、プロデュースの魔法をかけ、Pに支えられながらも不安を乗り越えた末に、みんなを幸せにする甘い魔法をかけるアイドルとなり、そして「魔法使い」から甘い夢をいっしょに叶える「パートナー」となったPと共にこれからも歩いてく、といった感じです。

 始めPはかな子にとって「魔法使い」でしたが、アイドルとして成長し、甘い魔法をかける存在となることで、かな子自身も「魔法使い」となります。それと同時にPとの絆も深まり、そしてPとは魔法使い同士、甘い夢を叶えるための「パートナー」の関係になり、それからも2人で歩いて行く、そんな物語だと私は思っています。

 

・この曲の物語について

 この曲の物語はお菓子屋さんの娘がメレンゲうさぎに出会うところから始まります。ここでメレンゲうさぎは王子が目を覚まさず、起こすためには「あま~いキス」が必要だと言い、娘を非日常へと誘います。これはかな子をスカウトし、「アイドル」という非日常へと誘ったPと同じ存在、つまりメレンゲうさぎ=Pということになります。「最初のお客さん」というところも「最初のファン」であるPと繋がりますね。

 メレンゲうさぎのこの言葉を受けて娘は「とりあえずあま~いお菓子作っちゃおう」とタルトを作り始めます。非日常に身を投じてどうすればいいかわからない!といった状況でも、「とりあえず」こういった行動に出るのは、どんなときでも自然体でいるかな子らしさを感じます。それでもやっぱり「あまいキスだなんてわたしできない」と不安にはなります。だけどなぜだか「ドキドキ」が止まりません。これは変わらない日常を変えたかったかな子の、アイドルの世界に踏み出したときの「期待」や「不安」の描写だと思います。また作っているタルトの焼く前の姿を見て「未熟なわたしみたい」と言っていますが、これはアイドルへの一歩を踏み出したものの、レッスンやお仕事がなかなかうまくいかない始めのころのかな子の姿を表したものだと思いました。

 ここで再びメレンゲうさぎが登場しこう言います。「あれあれ、ガラス砂糖の靴がない!王子の大切なものなのに…」これに対して娘は「わたしが作り直すわ!」と今度は自信満々に答えます。さすがお菓子屋さんを開いている娘ですね。そしてここでは彼女の住む家である「お菓子の家」が登場します。「わたがしのベッド」や「はちみつのお風呂」といった描写がこの曲の世界観をグッと引き立てていますね。さてこの「お菓子の家」という単語ですが、実はデレステSSR[ホワイトウィッチ]の特訓エピソードでも登場しています。そこでかな子はこのお菓子の家を「究極のもの」と称しています。だから「夢」のマイホームなんですね。つまりこの「お菓子の家」は、かな子の「大好き」や「幸せ」、「夢」や「憧れ」といった彼女のキラキラした内面を象徴するものだと思います。

 そしてお菓子の家からガラス砂糖でできた窓を外し、家を出ますが、ここで娘は「お気に入りのわたしのヒール」をお手本にして「ガラス砂糖の靴」を作り始めます。童話「シンデレラ」での「ガラスの靴」はヒロインが舞踏会に赴くために、魔女が魔法で作り出したものですが、この物語の中では、娘が自らそのガラス(砂糖)の靴を作り出します。これはかな子がプロデュースの魔法で作り出されたガラスの靴ではなく、アイドルとしての努力を重ねていった結果、自分にぴったりの履き慣れた「自分の靴」でステージに立つまでの過程を表していると思います。つまりかな子がPに背中を押されながら、みんなを幸せにする甘い魔法をかけるアイドルになっていく姿ですね。その過程でかな子はどんどん煌めくアイドルの世界を知っていき、彼女自身も輝いていきます。「トキメキがあふれるガラス砂糖の靴」のフレーズにはそんな胸の高鳴りが表れています。一方、この後の歌詞では「あまいお菓子みたいにわたし心もデコレーションしたら勇気を出せるかしら」と娘は言います。そんな不安なときに背中を押してくれるのはPが用意した素敵な衣装や楽曲、Pの言葉、そして何より自分を信じる心です。

 さてさてそうこうしているうちにタルトがおいしそうに焼きあがりました。あとはカスタードクリームやレモンでデコレーションし、レモンタルトの完成です。焼く前の未熟だったタルトの姿はもうありません。そして娘がこのタルトを味見しようとしたとき、ふとした拍子に食べかけのタルトが王子の口唇に落ちてしまいます。大変!わたしったらなんてこと!しかしここで奇跡が起き、まるで魔法のように王子様は目を覚まします。目を覚ました王子は娘に言いました。「よかったらこのガラス砂糖の靴を履いてみてくれませんか?」娘が靴に足を通すとなんとぴったり!こうして王子様と娘は幸せに暮らしました。めでたし、めでたし。でもちょっと待って、自分のヒールをお手本にして作った靴なんだから、そりゃぴったりだよね。そんなちょっと「おかしな」物語でした。ちゃんちゃん。

 とまあここまで書けば明白かと思いますが、焼き上がり、デコレーションされたレモンタルトが、履き慣れた「自分の靴」でステージに立つ「アイドル」となったかな子、王子を目覚めさせたタルトの起こした奇跡こそがアイドルとなったかな子のかける甘い魔法を表していると思います。そして娘は王子様の「パートナー」となりますが、「アイドル」となり「魔法使い」なったかな子も、同じ「魔法使い」であるPと「パートナー」になり、これからも甘い夢を叶えるために共に歩んでいきます。つまり王子様=Pということです。

 というわけで、この曲に登場する「メレンゲうさぎ」がかな子をスカウトし非日常に誘った「魔法使い」のP、「王子様」がかな子と魔法使い同士の「パートナー」となったPといった感じに、この2人のキャラクターは同一人物だということになります。おそらくなんらかの力で眠らされてしまった王子がメレンゲうさぎとなり、自分を目覚めさせてくれる人を探しているうちにお菓子屋さんの娘と出会い、物語が始まった、といった感じでしょうか。これも街でアイドルをスカウトしようとしていたときにかな子と出会ったPの構図に当てはまります。もしかすると、「ガラス砂糖の靴」も元々存在せず王子が娘を試したのかもしれませんね。

 また物語中にメレンゲうさぎが娘を導くために行ったことは、「きっかけ」を与えることだけでした。これもPがかな子の背中を少し押してあげることで、かな子自身が努力を重ねて成長していったことと似ています。かな子自身は、アイドルになれたのはPさんのプロデュースの魔法のおかげと言いますが、彼女の成長の大きな要因は彼女自身の努力の賜物だと思っています。これに関して、デレステでの「パステルピンクな恋」のイベントコミュの中で小早川紗枝ちゃんも「それまでに時間はかかるかもしれないけど、きっかけがあったら、魔法にかかったら強い子」といった評価をしているので、ぜひ見てみてください。

 このようにこの曲はおかしな国で起こったちょっとおかしな物語が描かれていると同時に、かな子のパーソナルな部分や、Pと共に歩んだアイドルとしての道のりが描かれた曲であり、彼女の「これまで」があったからこそ歌える曲だと思います。

 

・むかーしむかしのお話

 さてこの物語に登場する「お菓子屋さんの娘」ですが、自分の作ったタルト、つまり「お菓子」を使って偶然ではあるものの王子様を目覚めさせ、幸せにしました。これは「ガラス砂糖の靴」といったようなかなり高度なお菓子も自信満々に作ることができる彼女の一流のお菓子作りの腕があったからこそだと思います。ここでアイドルになる前のかな子も、手作りのお菓子を配りたくさんの人を笑顔に、幸せにしていました。それでもかな子はみんなを幸せにしているのは自分ではなくお菓子だと思っていて、だからずっと「なんの取り柄もない」と言っていたのだと思っています。そんなかな子に対して、この曲の娘は「あなたはずっとむかしからみんなを幸せにしていたんだよ」と言ってあげているような気がします。「アイドル」となり「お菓子」を食べたときみたいな幸せな気持ちになる甘い「魔法」を使う存在になるずっと前から、「魔法」を込めた「お菓子」でみんなを幸せにしていたんだよ、と。このように、自分自身の過去を「何の取り柄もない」のではなく、「ちょっとだけ特別な存在」だと認めてあげることで、現在のかな子のさらなる成長や自信への布石となり、そんなメッセージも込められている曲だと思いました。

 

・終わりに

 ここまで長々と書いてしまいましたが読んでいただきありがとうございました!この曲はかな子の「甘い魔法」や「甘い夢」そのものを具現化したような幸せな世界観だけでも十分に魅力な曲だと思います。ですが、かな子がショコラ・ティアラと共に歩んだこれまでの道のりがあったからこそ歌うことのできる曲であり、そしてライブでは最高に幸せな「かな子の世界」を展開することのできる最強の武器だと思っています。まさにソロ2曲目に相応しい曲ですね。また今回の大坪さんのかな子としての歌声は、これまでよりも更に表情が豊かで、歌っているかな子やキャラクター達の表情、身振り手振りがスッと目に浮かびました。この曲がここまで魅力的なのも、大坪さんの役者としての業があるからこそであり、その中に、大坪さんがかな子といっしょに歩んだ4年間の道のりも感じました。そしてここまでかな子を紐解き、その要素を存分に詰め込んだ楽曲を生み出してくださった佐藤貴文さん、Mitsuさんにも本当にありがとうの気持ちしかありません。

 そんな「おかしな国のおかし屋さん」ですが、早くライブで披露されることを心待ちにしています。またこの記事からこの曲の魅力をちょっとでも知り、そしてかな子のことを知るきっかけとなり、少しでも多くの方が彼女のファンになっていただければ本望です。

 またこの曲のフラゲ日に書き殴って発売日に投稿したわりと荒めな考察もここに置いておこうと思います→(http://www.twitlonger.com/show/n_1sp2eck)さらにこの曲とショコラ・ティアラの関係性など、まだまだ書きたくてもまとまっていないこともあるので、後日記事にしてみたいと思っています。

 

たくさんの人が彼女の甘い魔法で幸せになりますように…